海外競馬発売

香港スプリント(G1)

シャティン競馬場 1200メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月13日(日曜)
ネット投票:午前7時00分 UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間12月13日(日曜)午後3時40分

2020年香港スプリントレース結果

5レース

第22回 香港スプリント (G1)

3歳以上 定量
コース:1,200メートル(芝・右)
発走時刻:14時40分(現地時間)
賞金総額22,000,000香港ドル
1着賞金12,540,000香港ドル
レース映像
着順 馬番(ゲート) 馬名(生産国) 性齢 負担重量 騎手名 タイム着差 馬体重(kg) 調教師名(調教国) 単勝人気
1 5(14) ダノンスマッシュ(JPN) 牡5 57.0 R.ムーア 1:08.45 469 安田 隆行(JPN) 3
2 11(3)
ジョリーバナー(AUS)
ブリンカー着用
せん9 57.0 M.バルザローナ 1/2 493 P.イウ(HK) 13
3 9(6)
ラタン(NZ)
ブリンカー着用
せん7 57.0 C.スコフィールド 3/4 531 R.ギブソン(HK) 7
4 7(9) ウィッシュフルシンカー(AUS) せん7 57.0 K.リョン 3/4 540 C.イプ(HK) 11
5 13(13)
ファットタートル(AUS)
ブリンカー着用
せん6 57.0 A.アムラン 1 1/4 518 F.ロー(HK) 14
6 8(11) コンピューターパッチ(AUS) 牡4 57.0 A.バデル 1 1/2 508 A.クルーズ(HK) 4
7 2(5) ホットキングプローン(AUS) せん6 57.0 J.モレイラ 1 1/2 557 J.サイズ(HK) 1
8 4(8) ヴォイッジウォリアー(AUS) せん5 57.0 K.ティータン 3 1/4 510 P.イウ(HK) 6
9 12(2) アメージングスター(NZ) せん6 57.0 Z.パートン 5 545 K.ティン(HK) 8
10 14(4) ストロンガー(AUS) 牡4 57.0 P.ブドー 5 1/2 503 D.ホワイト(HK) 10
11 1(1) クラシックレジェンド(AUS) せん5 57.0 C.ホー 6 1/2 520 C.ファウンズ(HK) 2
12 10(7) ビッグパーティー(AUS) せん5 57.0 M.チャドウィック 8 1/2 566 F.ロー(HK) 12
13 6(12) タワーオブロンドン(JPN) 牡5 57.0 W.ビュイック 10 3/4 524 藤沢 和雄(JPN) 5
14 3(10) ビッグタイムベイビー(IRE) せん6 57.0 N.カラン 38 1/2 505 K.マン(HK) 9
  • 注記:着差は1着馬からの着差を表しております。

払戻金

  • 単勝
    5
    470
    3番人気
  • 複勝
    5
    220
    3番人気
    11
    6,030
    14番人気
    9
    610
    7番人気
  • 馬連
    5-11
    66,000
    61番人気
  • ワイド
    5-11
    20,320
    69番人気
    5-9
    3,010
    25番人気
    9-11
    17,800
    66番人気
  • 馬単
    5-11
    81,990
    94番人気
  • 3連複
    5-9-11
    599,090
    274番人気
  • 3連単
    5-11-9
    2,846,700
    1339番人気

香港ジョッキークラブの結果ページ(外部サイトに接続されます)

1着 ダノンスマッシュ:安田隆行 調教師のコメント
「2012年と2013年に勝ったロードカナロアと親子2代での制覇はすごいことで、とても嬉しいです。実はリアルタイムでは見ていなくて、自分がビデオでレースを見る前に色々な方からおめでとう、とお祝いの電話をもらったので、絶対に勝つな、と思ってビデオを見ました。最高に良かったです。この後はまだ決めていませんが、高松宮記念にはもう一度挑戦したいと思っています」

1着 ダノンスマッシュ:R.ムーア 騎手のコメント
「枠が大外だったので、出たなりに勝負しようと思っていましたが、スタートがとても良く、道中は流れのままに良い感じで進み、前につけていくことができました。最後は本当によく戦ったと思います。日本での成績を見ても、G1を勝てる力はあると思っていました。馬主と調教師に騎乗機会をいただいたことを感謝しています」

13着 タワーオブロンドン:藤沢和雄 調教師のコメント
「道中良い感じになるかな、と思って見ていたのですが、久々の競馬だったこともあり、馬が諦めている感じでした。強い競馬をお見せできるはずだったのですが、今後のことはオーナーと相談して決めていきたいと思います」

ページトップへ戻る