宮崎育成牧場

施設ガイド

施設ガイド

施設全景

施設全景

施設の名称

  • 1育成馬厩舎
  • 2乗馬厩舎
  • 3500メートル調教馬場
  • 41600メートル調教馬場
  • 5角馬場
  • 6芝各馬場
  • 7放牧地
  • 8採草地
  • 9ウォーキングマシーン
  • 10ラウンドペン
  • 11トレッドミル
  • 12診療所
  • 13ウインズ宮崎
  • 14正門
  • 15事務所
  • 16馬のいる公園

一般開放エリア

ウインズ宮崎・事務所・馬のいる公園・正門

育成調教施設

  • 育成馬厩舎

    2019年に新しい厩舎となりました。対面型の馬房を採用し、馬が互いに存在を確認し安心できるようにしています。

  • 調教馬場

    500メートルダートトラック馬場および1600メートルダートトラック馬場を所有しています。500メートル馬場では準備運動や軽めの調教で使用し、1600メートル馬場は準備運動後の主運動で使用します。冬場は馬体の成長を待ちながら有酸素能力を高め、2月末から、ここでスピード調教(work out)を行い競走馬としてのスピードを徐々につけていきます。

    発馬機の馴致は、ブレーキング開始直後にドライビングで通過することから開始し、細心の注意をはらって実施しています。最終的にすべての馬が前扉を閉めた状態でゲートに入り、後扉を閉め駐立、そして常歩で発進ができることを目標としています。

  • 放牧・採草地

    1600馬場内には放牧地や採草地があります。青草が絶えることがないよう管理し、昼夜放牧を実施しています。そのほかにも小放牧地や小パドックを有効に活用しています。

  • ウォーキングマシン

    厩舎周囲にはウォーキングマシンが2基あり、日常的に使用して運動量を十分に確保しています。

  • ラウンドペン

    ブレーキング(初期馴致)用のラウンドペンは5基あります。初期馴致は9月から順次、馬体の発育等を見ながら実施していきます。

  • トレッドミル

    トレッドミルが2基あり、週1、2回調教に利用しています。1基は壁が透明になっており、走行フォームを観察でき、研究などに役立てています。

  • 競走馬診療所

    冷暖房完備の馬房を一つ備えています。運動器疾患のケアとしてレーザー治療器をはじめとした各種物理療法器械、診断装置としてDR(デジタルX線画像診断装置)、内視鏡装置および超音波(エコー)診断装置など、育成馬の検査には欠かせない設備を所有し、様々な調査・研究を行っています。また、装蹄は、装蹄師と獣医師で判断を実施して、馬にあった適切な装蹄を実施しています。

公園施設(馬のいる公園)

展示馬
遊具エリア

公園施設の開放

宮崎育成牧場では、一年を通じ公園施設を開放し、地域の皆様に馬のいる公園として親しまれています。

開場時間
9時から17時(年中無休)

馬車試乗会、体験乗馬も実施しております。詳しくはイベント情報でご確認ください。

ページトップへ戻る
表示モード: