厩(きゅう)舎スタッフの仕事

  • Step Up

    技術を磨き、自らを高める。全ては愛馬のために。

    大きな夢の実現のために、君は日々努力を続けなければならない。技術を磨き、君自身の能力を高めていくことが、チーム全体の、そして愛馬の大きな力となっていくのだ。

  • Feeling

    想いを一つに。一瞬を感じて、導こう!

    君は愛馬に語りかける。君と愛馬は家族同然。同じ時間を過ごし、同じ夢を見る。また君は愛馬に跨り、その背中から成長ぶりや体調の変化を感じ取る。一瞬一瞬を感じて、愛馬を導こう!

  • Group

    One for All 仲間と共に大きな目標へ!

    デビュー前の競走馬が入厩してきた時に、君の仕事が始める。君は、決して一人ではない。様々な役割を担うスタッフが一丸となって、大きな夢の実現を目指すのだ。

その馬のベストコンディションを引き出す。名馬たちの物語を支える仕事

厩舎スタッフとは、競走馬の調教や管理の責任者である調教師のもとで、馬を世話する人のことです。つまり会社で言うと、調教師が社長で厩舎スタッフは従業員といったところでしょうか。

厩舎スタッフの仕事とは?

厩舎スタッフの一日を追ってみましょう。彼らの一日は、午前3時ごろに厩舎に行き、担当馬に異常がないかどうかを確認することから始まります。

そして、競走馬の入っている馬房(部屋)を掃除します。具体的にはボロ(フン)や尿で汚れた寝わら(馬の布団)を馬房の外に出したり、干したり、新しいきれいな寝わらを入れたりする作業です。

それが終わると、いよいよ調教(馬のトレーニング)の準備に入ります。最初に馬具をつけるのですが、これは、騎手や調教助手がすぐに騎乗できるようにするためで、「馬装」と呼んでいます。この作業は午前5時過ぎ頃に行われます。

そして馬装が整ったら馬にまたがって軽く歩かせます。いきなり全力で走らせたりしたら馬が故障してしまうかもしれないので、まずは人を乗せて厩舎のまわりをじっくり歩いて 準備運動(ウォーミングアップ)をして、十分に馬の体をほぐすのです。

それから午前6時になると、いよいよレースで走るコースと同じような馬場に入り調教を開始します。
調教が終わると、今度は激しい運動の後の生理運動(クーリングダウン)を行います。これを怠ると、故障の原因につながる恐れがあるので、ウォーミングアップと同じように、馬に騎乗した状態で厩舎の周囲を何周も歩かせます。

最後に、厩舎に戻ってきた馬の手入れを、午前7時ごろから開始します。洗い場(馬を洗うところ)に馬をつなぎ、シャワーで汗を流し、ブラシをかけ、併せて調教の後に馬の体調や脚などに異常がないかどうか確認します。 その後、馬を馬房に入れ、飼い葉(馬のご飯)を与えます。

しかし、これで終わりではありません。引き続き自分の担当するもう1頭の馬について、先程と同じ工程を全てやらなければなりません。従ってそれらの作業が終了するのは午前11頃になってしまいます。その後、お昼からは、再び厩舎に行って 馬の手入れ、寝わらの片付け、そして飼い葉 (馬のご飯)を与え、午後5時ごろに全ての作業が終了します。

厩舎スタッフを目指す方へ

厩舎スタッフとは毎日馬を世話する仕事です。従って、馬に対する愛情や馬と接する喜びを常に感じられる人でなければ、続けていくことができない仕事だといえるでしょう。

ページトップへ戻る
表示モード: