競馬ビギナー・はじめての方へ:「競馬ははじめてなので馬券の買い方がわからない」というような競馬ビギナーの方や競馬がはじめての方へご案内いたします。戻る

マークカード

マークカードは4種類マークカードは4種類

競馬場・ウインズなどで馬券を購入する際には、マークカードをご利用ください。
マークカードは、「緑のカード」「青のカード」「赤のカード」「ライトカード」の4種類あります。
それぞれの特徴や違いについて、ご紹介いたします。

マークカードの種類

緑のカード

1点ずつ購入する一般的なマークカードです。

購入可能な馬券
  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券(単勝+複勝)
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単

連複ながし

連単ながし

青のカード(連複ながし/連単ながし)

軸にする馬(枠)を1頭もしくは2頭決めて買うときに便利なマークカードです。

単勝・複勝・応援馬券は購入できません。
購入可能な馬券
  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券(単勝+複勝)
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単

ボックス

フォーメーション

赤のカード(ボックス/フォーメーション)

複数の馬(枠)を選んで、色々な組合せを買うときに便利なマークカードです。

単勝・複勝・応援馬券は購入できません。
購入可能な馬券
  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券(単勝+複勝)
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単

ライトカード

文字が大きく、視認性がUPした、わかりやすくシンプルなデザインのマークカードです。

応援馬券は購入できません。
馬単の「ウラ」は購入できません。
購入可能な馬券
  • 単勝
  • 複勝
  • 応援馬券(単勝+複勝)
  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単

マークカードの記入方法

実際に、マークカードにはどうやって記入すればいいの?
マークカードの記入方法を、わかりやすく動画でご説明します!

基本編
ながし・ボックス・フォーメーション編

マークカードの記入時の注意

発売締切直前に急いで自動発売機に向かい、マークカードを入れると「この馬券は発売されておりません」慌てて書き直しているところに、締切のベルが…
このようなことにならないように、競馬場名、レース番号、馬や枠の番号などの内容が合っているか、 記入もれがないか、売り場に行く前に、もう1度確認しましょう。

  • 式別は1つだけマーク。
    式別は1つだけマークしてください。
  • ぬり方は丁寧に。
    上のようなぬり方だと機械が読み取れないので、丁寧にマークしてください。蛍光ペンや裏うつりする油性ペンも、読み取れないことがあります。

3連単 ケーススタディ

下記のレースを予想して購入する場合のマークカードの書き方を、3連単で実践してみましょう!

買い方 使用カード
A記者の12→3→2とB記者の12→2→1という予想通りに買ってみよう・・・という場合

緑のカード(基本タイプ)を使って下のように記入します。

この場合、組合せは以下の2通りになります。

12→3→2 12→2→1    
閉じる
緑のカード
1着は12で間違いないですね。2・3着はかな。・・・という場合

青のカード(ながし投票カード)の「連単ながし」面で「軸1頭」をマークして下のように記入します。

この場合、組合せは以下の6通りになります。

12→1→2 12→1→3 12→2→1
12→2→3 12→3→1 12→3→2

このとき「マルチ」をマークすると・・・

「マルチ」をマークすればA(1着ながし)にB(2着ながし)とC(3着ながし)が加わった馬券を買うことができます。

この3つの馬券を合わせたものが「マルチ」で購入した馬券となります。

組合せは6×3=18通りです。

閉じる
青のカード
1着は12、2着はで決まり。3着はだな。・・・という場合

青のカード(ながし投票カード)の「連単ながし」面で「軸2頭」をマークして下のように記入します。

この場合、組合せは以下の2通りになります。

12→3→1 12→3→2

このとき「マルチ」をマークすると・・・

「マルチ」をマークすれば、A(1・2着ながし)にB〜Fが加わった馬券を買うことができます。

この6つの馬券を合わせたものが「マルチ」で購入した馬券となります。

組合せは2×6=12通りです。

閉じる
青のカード
人気のある12のすべての組合せを買ってみよう・・・という場合

赤のカード(ボックス/フォーメーション)の「ボックス」面を使って下のように記入します。

この場合、組合せは以下の24通りになります。

2→3→5 2→3→12 2→5→3 2→5→12
2→12→3 2→12→5 3→2→5 3→2→12
3→5→2 3→5→12 3→12→2 3→12→5
5→2→3 5→2→12 5→3→2 5→3→12
5→12→2 5→12→3 12→2→3 12→2→5
12→3→2 12→3→5 12→5→2 12→5→3
閉じる
赤のカード
1着には12、2着には、3着にはで買ってみよう・・・という場合

赤のカード(ボックス/フォーメーション)の「フォーメーション」面を使って下のように記入します。

この場合、組合せは以下の13通りになります。

1→3→2 1→3→4 1→3→5 1→5→2
1→5→4 12→1→2 12→1→4 12→1→5
12→3→2 12→3→4 12→3→5 12→5→2
12→5→4      

※フォーメーションの組合せについてはこちらもご覧ください

閉じる
赤のカード
12が3強だけど、ひょっとしたらが3着に来るかも・・・という場合

赤のカード(ボックス/フォーメーション)の「フォーメーション」面を使って下のように記入します。

この場合、組合せは以下の18通りになります。

1→3→2 1→3→5 1→3→12 1→12→2
1→12→3 1→12→5 3→1→2 3→1→5
3→1→12 3→12→1 3→12→2 3→12→5
12→1→2 12→1→3 12→1→5 12→3→1
12→3→2 12→3→5    

※フォーメーションの組合せについてはこちらもご覧ください

閉じる
赤のカード
1・2着は12で決まりだな。3着はのどれかだろう。・・・という場合

赤のカード(ボックス/フォーメーション)の「フォーメーション」面を使って下のように記入します。

この場合、組合せは以下の6通りになります。

3→12→1 3→12→2 3→12→5
12→3→1 12→3→2 12→3→5

※フォーメーションの組合せについてはこちらもご覧ください

閉じる
赤のカード