競馬用語辞典

頭文字

「け」からはじまる用語

用語

繋駕速歩

読み

けいがそくほ

右前肢が出ると同時に、左後肢が出る歩法で行なわれる競馬で、4本の肢のうちどれかが地面についてないと失格となる。この点においては騎乗速歩と同じだが、騎乗速歩は人が馬に乗るのに対し、繋駕速歩は馬に乗らず繋駕車(車輪のついた駕籠)に乗って行なわれる。古代ローマで戦争に使われていた戦車にスタイルは似ている。中央競馬では昭和43年に廃止された。かつての競馬倶楽部「鳴尾速歩競馬会」は、この繋駕速歩を専門に行なっていた。

  • 繋駕速歩レースの写真
関連用語

用語

軽種

読み

けいしゅ

サラブレッドアラブアングロアラブ(アア)など軽快で競走または乗用に適するもの。昭和49年6月1日の軽種馬の品種の改訂でサラブレッドアラブアングロアラブ(アア)サラブレッド系種、アラブ系種の5種となり、それまでの準サラという品種はなくなった。

用語

鶏跛

読み

けいは

パドックでもまれに見受けられる異常歩様で、鶏の歩く様に似ているところからこの名がある。後肢が地面を離れる時に急激に肢を上げる歩様が特徴的である。通常、常歩〔じょうほ〕(歩いている状態)でのみ現われる。駈歩〔かけあし〕(キャンター)、襲歩〔しゅうほ〕(ギャロップ)では消失するので、レースに対する支障はない。

用語

軽速歩

読み

けいはやあし

速歩のとき騎手が馬の動きに合わせてに立つ、に座る、を繰り返すことをいう。速歩の反撞による人馬への負担を低減するための技術。

用語

競馬倶楽部

読み

けいばくらぶ

文久元年(1861)、横浜の居留地で行なわれた競馬がわが国の近代競馬の幕開けとされている。日本最初の競馬倶楽部も文久2年に横浜にできた。明治38年に馬券の発売が黙許されて以降、各地に競馬倶楽部が乱立したが、大正13年、競馬法が適用されると同時に、札幌、函館、福島、新潟、松戸、東京、横浜、京都、阪神、小倉、宮崎の以上11の倶楽部に統合された。

用語

競馬サークル

読み

けいばさーくる

馬主、生産者、厩舎関係者(調教師、調教助手、騎手厩務員、装蹄師、獣医ら)、中央競馬会およびその外郭団体の職員をひとまとめにして「競馬サークル」と呼ぶ。最近では、これに競馬ジャーナリズム(競馬評論家、競馬記者、トラックマンら)も加えて、もっと広い意味で「競馬サークル」と呼ぶことが一般的になった。

用語

競馬新聞

読み

けいばしんぶん

その週に行われる競馬の情報が掲載されている競馬専門の新聞のこと。出走する各馬の近走成績、調教タイム、陣営のコメント、各記者の予想印などが掲載されている。予想印は有力度の高い順に◎・○・▲・△が一般的だが、新聞社によって独自の印を打つこともある。通常、開催日の前日に発行される。

カテゴリー

用語

競馬成績公報

読み

けいばせいせきこうほう

レースの成績、配当、売得金などを明記したJRAが発行する公式な印刷物。

用語

競馬法

読み

けいばほう

日本における近代競馬は、1861年に横浜の相生町で居留外国人を中心として始められた。1905年には、馬券黙許の措置が講ぜられたが、これに伴い競馬熱は異常に高まり、競馬会が乱立するにつれ、いろいろな弊害も目立ってきた。こうした情勢の中で、1908年10月1日に新刑法が施行され、馬券発売はこれに違反するとの議論がなされるにいたり、同年10月6日、政府は馬券の発売を禁止した。その後、馬券発売禁止の下で、政府の補助金等により競馬はかろうじて存続したが、大戦後の赤字財政下、軍馬を中心とする馬匹改良の必要に迫られ、1923年にいたり競馬法(いわゆる旧競馬法)が施行され、馬券発売が復活した。しかしながら、クラブ(許可を受けた社団法人)による競馬の施行には種種の問題がつきまとい、全国的規模の競馬団体を創設し、ひとつの有機体として競馬の運営がなされることが強く望まれ、馬政調査会の答申を受け、1936年9月20日競馬法の一部を改正する法律が施行され、日本競馬会が設立されることとなった。終戦後の競馬の施行方針に関するGHQの意向は、民間への完全開放もしくは国または地方公共団体による施行ということであり、この意向にそって、日本競馬会、馬匹組合連合会及び中央馬事会は解散をせざるを得なくなった。こうして1948年7月19日に地方競馬をもあわせて規定した新競馬法が施行され、国営競馬時代が始まった。日本競馬会が行なっていた競馬は国に引き継がれたのである。しかしながら、国営競馬については一種の道義的問題、国が施行する競馬を同じ国が監督する不自然さ、さらには国家予算に拘束されるため運営の弾力性をかくこと等から民営移管論議が高まりを見せ、その当時検討されていた大規模な行政整理の動きと相まって、1954年9月16日、日本中央競馬会法の施行により、競馬法は改正され、日本中央競馬会が設立され、国営競馬を引き継ぐこととなった。日本中央競馬会の初代理事長には安田伊佐衛門が就任した。

用語

毛色

読み

けいろ

サラブレッドの毛色は、8種(栗毛栃栗毛鹿毛黒鹿毛青鹿毛青毛芦毛白毛)と決められている。白毛は非常に珍しく、日本には数頭しかいない。

用語

決勝写真

読み

けっしょうしゃしん

決勝審判委員が到達順位の判定の参考とした写真のことであり、JRAの定めた特殊な写真機(決勝写真撮影カメラ)により撮影した写真のことをいう。

  • 2013年天皇賞(秋)

関連用語

用語

決勝写真撮影カメラ

読み

けっしょうしゃしんさつえいかめら

デジタルで被写体を撮影する際にはセンサーが必要になるが、一般的なデジタルカメラは「エリアセンサー」を用いて、シャッターを押した瞬間の画を撮影しているのに対し、JRAで使用している決勝写真撮影カメラはレンズの焦点面の前に特殊な「ラインセンサー(幅0.02ミリメートル)」を設け、これを一定の場所、つまり決勝線(ゴール板の真ん中にある鏡)に合わせておき、決勝線上の時間の経過を撮影している。エリアセンサーが面として被写体を撮影するものとすれば、ラインセンサーは線として被写体を撮影するものといえる。このラインセンサーは身近な例で挙げるとコピー機、スキャナー、バーコードリーダー等に使用されている。コピー機はラインセンサー自体が動くことにより被写体(紙)を撮影しているが、決勝写真撮影カメラは、ラインセンサーを固定し決勝線を通過する被写体(馬)を撮影(1万分の1から1万分の2秒毎にスキャン)していき、その静止画を時系列に繋ぐことで決勝線を通過した競走馬が画像となって表れる仕組みになっている。こうしたことから、決勝写真は各馬が決勝線に到達する順序で撮影されることになり、その写真を参考に決勝審判委員が到達順位を判定する。従って、決勝写真上のゴールはどこか、という問いに対しては、「すべてがゴールである。」が答えになる。また、決勝写真上の各馬の差については、実馬の差つまり“距離”ではなく、決勝線に到達した“時間”の差ということになる。

決勝写真撮影カメラ

ラインセンサーの記録イメージ図

イメージ図

幅0.02ミリメートルのラインセンサー前を通過した物体を全て記録し、その1列1列をつなぎ合わせて一枚の画像となる。

概念図

ラインセンサー、レンズ、鏡が一直線上に配置されている図

関連用語

用語

決勝審判

読み

けっしょうしんぱん

到達順位の判定、到達差及び決勝線に到達した馬の競走に要した時間を決定する執務員のこと。

  • 決勝審判たちの写真

用語

血統

読み

けっとう

それぞれの馬の父母の系統のこと。競馬では優秀な血統の馬でなければ好成績をあげる確率が低いとされる。しかしその評価は絶対なものではなくそこに競馬を楽しむ面白さがある。競走馬として好成績をあげるには、もちろん血統だけでなく、馬体やその他諸種の条件が揃っていることも必要だが、血統はもっとも根本的なものといえる。

カテゴリー

用語

血統書

読み

けっとうしょ

サラブレッド血統を記した本。1793年に初めての血統書ともいうべきゼネラル・スタッドブック第1巻がイギリスのジェームス・ウェザビィによって刊行され、その後4年ごとに出版されている。世界の競馬開催国もその伝統にならい、各々血統書を出している。現代の全ての馬は、家系図のように血統書を辿っていくことで出自が明らかになり、最終的には三大始祖に辿り着く。なお、各馬には、血統登録証明書が交付され、これがないと競走馬登録ができない。

カテゴリー

用語

血統登録

読み

けっとうとうろく

生まれてきた仔馬について、母馬に種付けをした父馬を確認し、品種、血統を登録し、毛色や特徴を記録すること。人間で言えば、戸籍に当たる。現在の日本の競馬では、(公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの登録を受けたものでなければ競走に出走することはできない。

カテゴリー

用語

毛づや

読み

けづや

馬の栄養、健康状態が端的に現われるのが毛づやである。つやつや光って見えるのは栄養十分、運動状態もよいし内臓の疾患もなく、健康状態であることを示している。不健康な馬は毛につやがなく、毛が立ってボサッとしている。ただ毛づやは手入れの良し悪しによっても違うので、パドックで馬を見た場合、本当に毛づやが悪いのか、手入れが悪いのかを見極める必要がある。

用語

気配

読み

けはい

馬の動き、仕上がり度合や、気合いが入っているかどうかなど、あらゆる面を総合して観察した雰囲気。

用語

毛花

読み

けばな

めったに見られない毛先の現象で、毛にツヤがなく、立ってボサッとしているように見える。冬毛のことや、また手入れの悪いものをさして言う。実際に毛花が咲くと言われるのは、最高潮から下降線をたどるときに、上皮に疲れが出はじめ、毛の先端がブラシをかけても直らないことで、疲労の前兆によるところがある。

用語

顕彰馬

読み

けんしょうば

昭和60年に日本中央競馬会創立30周年記念事業の一環として、中央競馬の発展に多大な貢献のあった過去の名馬の功績をたたえ、顕彰して、後世に伝えていくようになった。2016年9月末現在32頭が選出されている。

用語

検量

読み

けんりょう

出走馬ごとに定められた負担重量をチェックするために騎手が行う検量のこと。発走の50分前までに出走する全騎手が行う「前〔まえ〕検量」と、レース終了後に7位までに入線した騎手および裁決委員が特に指定した騎手について行われる「後〔あと〕検量」の二つがある。

  • 後検量の様子の写真

用語

検量室

読み

けんりょうしつ

検量をするところが検量室で、現在はデジタル計量秤で検量を行っている。出走馬は定められた負担重量を背負わねばならないが、この重量をチェックするために、レース前に行うのが前検量、レース後に行うのが後検量で、前検量はレースの50分前までに行い、後検量はレース終了直後に7位までの騎手裁決委員が特に指定した騎手について行われる。騎手は公表された重量で騎乗しなければならないが、計量の結果、重量が超過した場合は、その超過重量が2キロの範囲内であって、裁決委員が認めたときはその計量した重量で騎乗できる(発表重量は変更)。また、前検量で計量した重量から後検量で計量した重量を差し引いた重量が1キロを超えた場合には失格となる。

用語

減量制度

読み

げんりょうせいど

女性騎手および見習騎手免許の通算取得期間が5年未満であって、勝利度数が100回以下の騎手)が特別競走ハンデキャップ競走以外のレースに騎乗する場合、各負担重量を減量する。この場合の勝利度数は、そのレースの出馬投票締切日の前日までに中央競馬のレースに騎乗して得た1着の回数と、地方競馬指定交流競走および海外の重賞レースにおいて、JRAの競走馬登録を受けている馬に騎乗して得た1着の回数の合計となる。

見習騎手の減量記号
区分 勝利度数 減ずる重量
男性騎手 30回以下 3キログラム
31回以上50回以下 2キログラム
51回以上100回以下 1キログラム
女性騎手 50回以下 4キログラム
51回以上100回以下 3キログラム
見習騎手以外の騎手の減量記号
区分 減ずる重量
男性騎手 なし なし
女性騎手 2キログラム

用語

ゲート

読み

げーと

スターティングゲートのこと。

関連用語
ページトップへ戻る
表示モード: