レース成績・回顧

1着はクイーンズトラスト!ヌーヴォレコルトは悔しい11着

“アメリカ競馬の祭典”ブリーダーズカップ(以下、BC)が、カリフォルニア州にあるサンタアニタパーク競馬場で行われた。

日本から遠征したヌーヴォレコルト(牝5歳、美浦・斎藤誠厩舎)が参戦したBCフィリー&メアターフ(G1)は2日目(現地11月5日)の第5レース。
晴れ上がった明るく高い空のもと、多くの観客が見つめる中で注目の一戦の火蓋が切られた。

スタートからほどなくしてアベンジが先手を取り、これをキャッチアグリンプス、キットキャット、プリティパーフェクトらが追う展開。ヌーヴォレコルトもスタートをうまく決め、6番手を追走する形となった。

レースが動き出したのは4コーナー。レディイーライが外目から進出を開始し、直線に入ると先行勢を抜き去って、一完歩ごとに逃げ込みを図るアベンジに迫る。だが、そのさらに外。道中は後方追走で脚をためていたクイーンズトラストが一気のスパートを見せると、粘るアベンジをかわし、最後はレディイーライをゴール寸前でハナ差とらえて勝利を手にした。

ヌーヴォレコルトは4コーナーで勝ち馬のすぐ横にいたものの、これに付いていくことができず直線で失速。11着に敗れた。

  • ゴール前の攻防

  • クイーンズトラストが優勝

3着のアベンジに騎乗していたF.プラ騎手は、うまく先行することができただけに、がっかりした様子を見せていた。けれども好対照に、前日のBCディスタフ(G1)をビホルダーで勝利していたR.マンデラ調教師は、プラ騎手の肩を抱き「よくやったよ」と笑顔だった。優勝は逃したものの、果敢に攻める競馬をした点を評価していたに違いない。2着のレディイーライも惜しい競馬だった。

クイーンズトラストを管理するM.スタウト調教師は、L.デットーリ騎手に特別な指示を与えなかったという。デットーリ騎手を信頼していたからだろう。11番という外枠は「不安だった」が、レース前半のペースが思ったより落ち着いたためスムーズに追走でき「幸運だった」とも話していた。

ところで、BCではレース後にある“儀式”と呼ぶべきものが行われる。それは優勝を祝して、勝ち馬に掛けられる優勝レイにあしらわれた花を、勝利騎手がちぎって空に投げるという“儀式”だ。

さらに、L.デットーリ騎手は、大レースに勝利した時、必ず馬上から両手をあげて飛び降りる。「フライングディスマウント」と呼ばれるものだ。彼にとっては、これもまた“儀式”であり、カメラマンの要求にこたえるべく、「いいかい?」と聞いてからジャンプしてくれる。

  • 花を空にまく

  • フライングディスマウント

このレースでも“フランキー(デットーリ騎手の愛称)”は、花をちぎったし、ジャンプもした。けれども今回は、その前に彼がしたことがある。

デットーリ騎手は笑顔を振りまきながらゴール地点に戻ってくると、まず水を飲んだのだ。それも当然だろう。この日、サンタアニタパーク競馬場の気温は29度。じりじりと日差しが照りつけ、真夏のような暑さだ。この環境のなかで一流の人馬たちが勝利を目指したのである。

デットーリ騎手は、レース後のインタビューでこう答えている。
「レースの前半、ペースは普通だったと思います。実は、スタートで少し出遅れてしまったのですが、クイーンズトラストは自分のペースで走ってくれました。向正面でポジションを見つけようとしたところ、人気のある馬の後方に付けることができました。最後の直線に来たとき、私は3着くらいに入れるかなと思いましたが、そこから突然、彼女にスイッチが入り、最後はトップギアで駆け抜けてくれました。ゴールした時、私は勝ったと確信していました」
勝利を喜びながら、丁寧に質問に答える姿はさすがだった。

  • L.デットーリ騎手

  • M.スタウト調教師(左)とおどけるデットーリ騎手(右)

レースの前々日、たまたまデットーリ騎手とすれ違った。
その時、近くにいた人が「今年のブリーダーズカップ、勝ちますか?」と聞くと、「ああ、勝つよ」と彼は答えた。

彼は、その言葉を現実のものとしたのだ。

文:村田利之

  • 馬場へ向かうヌーヴォレコルト

  • ヌーヴォレコルトは11着に敗れる

ヌーヴォレコルト 斎藤 誠 調教師のコメント
「馬の状態は良く、スタートもしっかり出てスムーズに良いポジションにつけられました。ただ、全体的に速い時計に対応しきれず、小回りコースで息も入らなかったのは残念でした」

ヌーヴォレコルト 武 豊 騎手 のコメント
「スタートも良く、良い位置でレースを進めることができました。人馬ともにベストを尽くしましたが、結果は残念でした。ナイストライだったと思います。いつか日本の馬で、ブリーダーズカップを勝ちたいと思います」

2016年11月5日(土) サンタアニタパーク競馬場(アメリカ)

5R

第18回 ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1)

3歳以上 牝 定量 2000m 芝・左
賞金総額2,000,000米ドル 発走  12:43 (現地時間)
1着賞金1,100,000米ドル 天候:晴 芝:良
着順 馬番
(ゲート)
馬 名 (生産国)



騎手 タイム ・
着差



(kg)
調教師 (調教国)


1 11 (11) クイーンズトラスト(GB) 牝3 54.5 L.デットーリ 1:57.75 M.スタウト(GBR) 5
2 8 (08) レディイーライ(USA) 牝4 56.0 I.オルティスJr. ハナ C.ブラウン(USA) 1
3 4 (04) アベンジ(USA) 牝4 56.0 F.プラ R.マンデラ(USA) 4
4 3 (03) セブンスヘブン(IRE) 牝3 54.5 R.ムーア 3/4 A.オブライエン(IRE) 2
5 6 (06) ジペッサ(USA) 牝4 56.0 J.ブラーヴォ 1 1/2 M.スティッドハム(USA) 13
6 9 (09) ライアンズチャーム(USA) 牝6 56.0 R.ベハラーノ 1 1/4 P.ギャラハー(USA) 10
7 1 (01) シーカリシ(FR) 牝4 56.0 F.ジェルー ハナ C.ブラウン(USA) 6
8 2 (02) キャッチアグリンプス(USA) 牝3 54.5 J.カステリャーノ 1 1/4 M.キャシー(USA) 8
9 5 (05) アルズギャル(USA) 牝5 56.0 J.オルティス 1/2 M.メイカー(USA) 9
10 7 (07) センティエロイタリア(USA) 牝4 56.0 J.ロザリオ 3/4 K.マクラフリン(USA) 7
11 13 (13) ヌーヴォレコルト(JPN) 牝5 56.0 武 豊 1/2 斎藤 誠(JPN) 3
12 10 (10) キットキャット(CHI) 牝4 56.0 G.ウジョア 1 1/4 J.シルバ(CHI) 11
13 12 (12) プリティパーフェクト(IRE) 牝3 54.5 S.ヘファナン 1 3/4 A.オブライエン(IRE) 12
 着差は先着馬からの着差を表しております。
払戻金
単勝 11 840円 5番人気 馬連 8-11 1,590円 4番人気 馬単 11-8 3,460円 13番人気
複勝 11
8
4
270円
130円
220円
6番人気
1番人気
3番人気
ワイド 8-11
4-11
4-8
640円
1,580円
450円
5番人気
17番人気
3番人気
3連複 4-8-11 3,890円 8番人気
3連単 11-8-4 30,760円 92番人気

現地の成績ページ
※外部サイトに接続されます

ページトップへ戻る