JRA育成馬

JRA育成馬とは

JRA育成馬とは、JRAが全国のサラブレッド1歳馬市場で購入し、JRAの施設で育成された馬たちです。2002年までは、「抽選馬」と呼ばれていました。また、2009年からは日高育成牧場で生産したサラブレッド(JRAホームブレッド)もJRA育成馬に加えました。

JRAでは、これらの馬を用いて、「強い馬づくり」のための生産育成研究や生産育成技術の開発を行い、その成果の普及、啓発に努め、生産育成分野のレベルアップに取り組んでいます。

JRA育成馬は2歳春、JRAブリーズアップセールなどで売却されます。デビュー後はレースという舞台で、JRAの生産育成研究の成果が試されるのです。

JRA育成馬の購買

国内で生産されるおよそ7,000頭のサラブレッドのうち、約30%が1歳の夏から秋にかけて市場に上場されています。JRAは、専門的知識、購買の経験ともに豊かな職員をすべての市場に派遣し、購買にあたっています。購買担当者は、すべての出場馬について、馬格、健康状態、血統など、さまざまな観点から検討し、JRA育成馬として適格な馬を選定・購買します。

育成牧場

日高育成牧場

わが国最大の馬産地日高地方にあり、総敷地面積1,500余ヘクタールの雄大な北海道の自然の中で購買馬50余頭とJRAホームブレッド(生産馬)を育成しています。牧場内の日高育成総合施設には、1,600メートルと1,200メートルの直線砂馬場、総延長2,400メートルの坂路グラス馬場、1,000メートル屋内直線ウッドチップ馬場、600メートルの屋内トラック砂馬場、1,600メートルと800メートルのトラック砂馬場、800メートルの屋内トラック馬場、1,000メートル屋内坂路馬場等の調教施設を有し、四季を問わず多彩な調教が可能です。

宮崎育成牧場

宮崎市街地にある約30.2ヘクタールの敷地に1周1,600メートルと500メートルの砂馬場2面と約8.5ヘクタールの放牧地および約1ヘクタールの採草地を持ち、出生から1歳8月まで日高育成牧場で育成したJRAホームブレッドと九州産馬を含む20頭強のJRA育成馬を育成しています。 放牧地は、秋から冬に播種したイタリアンライグラスにより冬期間の緑化が可能となります。そのため、育成馬には1年中青草が給餌され、精神的にリラックスできる環境にあります。

育成馬展示会

なお、各育成牧場では、セールに先立ち、育成馬の展示会が開催されます。育成馬を一頭ずつ展示して紹介しますので、育成状態を直接確かめることができます。この展示会は、育成技術・研究の成果を披露する意味もあり、どなたでもご覧いただけます。

【2018年の展示会開催日程】
宮崎育成牧場

2018年4月3日(火曜)10時より開催

電話:0985-25-3448

日高育成牧場

2018年4月9日(月曜)10時より開催

電話:0146-28-1211

牧場在籍育成馬一覧

JRAは毎年、JRA育成馬の購買を目的に北海道日高地方をはじめとする全国のサラブレッド1歳市場に専門的知識、購買の経験ともに豊かな職員を派遣しています。購買担当者は、すべての出場馬について、馬格、健康状態、血統など、さまざまな観点から検討し、JRA育成馬として適格な馬を選定・購買します。これらJRAが購買した1歳馬は日高・宮崎の両育成牧場において、翌年のJRAブリーズアップセール上場を目指して順次育成調教が始められます。さらに、2009年以降に日高育成牧場で生産したJRAホームブレッドについては市場購買馬と同様に育成調教を実施し、2011年以降のJRAブリーズアップセールに上場しています。

JRA育成馬の活躍

GⅠ(JpnⅠ)勝馬

  • セイウンワンダー号

    2008年朝日杯フューチュリティステークス(JpnⅠ)勝馬

2015年重賞勝馬

  • メイショウスザンナ号

    2015年クイーンステークス(GⅢ)勝馬

  • ダンツミュータント号

    2015年京都ジャンプステークス(J・GⅢ)勝馬

JRAブリーズアップセール開始以降(2003年生以降)の重賞勝馬一覧

表はスクロールすることができます

BUセール 競走馬名 生年 優勝競走名 育成場
第1回 ダイワパッション 2003 フェアリーS(GⅢ)、フィリーズレビュー(GⅡ) 日高 フォーティナイナー サンルージュ
第4回 セイウンワンダー 2006 朝日杯フューチュリティS(JpnⅠ)、エプソムC(GⅢ)、新潟2歳S(JpnⅢ) 日高 グラスワンダー セイウンクノイチ
第6回 エイシンオスマン 2008 ニュージーランドトロフィー(GⅡ) 日高 ロックオブジブラルタル ゲルニカ
第7回 ダンツミュータント 2009 京都ジャンプS(J・GⅢ) 日高 マイネルラヴ ウメノローマン
メイショウスザンナ 2009 クイーンS(GⅢ) 日高 アグネスデジタル グリーンオリーヴ
モンストール 2009 新潟2歳S(GⅢ) 日高 アドマイヤマックス イソノスワロー
第8回 サウンドリアーナ 2010 ファンタジーS(GⅢ) 日高 ケイムホーム オテンバコマチ
第9回 クリスマス 2011 函館2歳S(GⅢ) 日高 バゴ アラマサスナイパー
フクノドリーム 2011 エーデルワイス賞(地方交流JpnⅢ) 日高 ヨハネスブルグ キャニオンリリー

太字はGⅠレース優勝馬

JRAブリーズアップセール開始以前(2002年生)までの重賞勝馬一覧

表はスクロールすることができます

競走馬名 生年 優勝競走名 育成場
トップオブワールド 2001 ユニコーンステークス(GⅢ) 日高 シャンハイ トップサンキスト
シンコールビー 2000 フローラステークス(GⅡ) 日高 サクラローレル ダズリンデセプション
エースインザレース 2000 兵庫ジュニアグランプリ(交流GⅢ) 日高 ディアブロ レインボーファスト
タムロチェリー 1999 2001年最優秀2歳牝馬阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)、小倉2歳S(GⅢ) 宮崎 セクレト ミスグローリー
ナスダックパワー 1998 ユニコーンS(GⅢ) 日高 タヤスツヨシ リプルス
ジョウテンブレーヴ 1997 東京スポーツ杯3歳S(GⅢ)、京阪杯(GⅢ)読売マイラーズC(GⅡ)、エプソムC(GⅢ) 日高 ダンシングブレーヴ タクノギャル
ホットシークレット 1996 ステイヤーズS(GⅡ)2回、目黒記念(GⅡ) 日高 ハンティングホーク スダナデシコ
キングデール 1996 サラブレッドChC(交流GⅢ) 宮崎 キンググローリアス ユニオンデール
アインブライド 1995 1997年最優秀2歳牝馬阪神3歳牝馬S(GⅠ) 宇都宮 コマンダーインチーフ セブンレツトウ
ミヤギロドリゴ 1994 福島記念(GⅢ) 日高 ロドリゴデトリアーノ グリーゴールド
イチバンリュウ 1994 京都大障害 日高 イルドブルボン シンユカリ
イナズマタカオー 1991 中日スポーツ賞4歳S(GⅢ)、北九州記念(GⅢ)中京記念(GⅢ) 宇都宮 アイシーグルーム ユキワリザクラ
ミナミノアカリ 1988 アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 宮崎 アレツ ブレイブエース
イソノルーブル 1988 オークス(GⅠ)、報知杯4歳牝馬特別(GⅡ)ラジオ短波3歳牝馬S(GⅢ) 日高 ラシアンルーブル キテイテスコ
コーセイ 1984 1986年最優秀2歳牝馬中山記念(GⅡ)、報知杯4歳牝馬特別(GⅡ)七夕賞(GⅢ)、TV東京3歳牝馬S(GⅢ) 日高 タイテエム ハマノルーフ
ユウミロク 1983 オークス2着、カブトヤマ記念 宮崎 カツラノハイセイコ リユウアコンバツト
リンドプルバン 1976 高松宮杯、鳴尾記念 宇都宮 プルバン ムーンクローバ
ファイブホープ 1975 オークス 日高 エイトラツクス ジユテイフア
イナボレス 1969 目黒記念(秋)、愛知杯、金杯、オールカマー 宇都宮 ヘリオス ボーレスクイン
ルピナス 1965 1968年最優秀3歳牝馬オークス 宇都宮 ネヴアービート コウカ
スターロッチ 1957 1960年最優秀3歳牝馬オークス、有馬記念、京王杯オータムH 宇都宮 ハロウエー コロナ
ホウシュウクイン 1955 桜花賞 日高の前身 トシシロ ヘーレンフオード
ジツホマレ 1950 オークス 日高の前身 ミナミホマレ 第五バツカナムビユーチー

太字はGⅠレース優勝馬

ページトップへ戻る
表示モード: