第79回 優駿牝馬

強い! アーモンドアイが盤石の競馬で二冠達成

photo

好天のもとで行われた優駿牝馬(オークス、GⅠ)。単勝オッズ1.7倍の断然人気に支持されたのは、圧巻の末脚で桜花賞を制したアーモンドアイだ。桜花賞2着の雪辱を期す昨年の2歳女王ラッキーライラックが4.1倍、フローラSを豪快に差し切った新星サトノワルキューレが5.5倍と続いたが、アーモンドアイはこれらを一蹴、鮮やかに牝馬二冠を成し遂げることになる。

後続を引き離して思い切りよく逃げたサヤカチャンを、スイートピーS1着のランドネ、桜花賞3着のリリーノーブルとラッキーライラック、フラワーC勝ち馬カンタービレが好位から追う。アーモンドアイはこれらを見る6〜7番手の外、直線一気を決めた桜花賞に比べるとかなり前寄りの位置で、少し行きたがるそぶりを見せる。だが鞍上のクリストフ・ルメール騎手は「テンションがちょっと高かった」としつつも「早めにいいポジションを取れて、それからはずっとリラックスして走れた」と道中を振り返る。

緩みのないペースで隊列は進み、やがて直線へ。馬場の真ん中からまずはリリーノーブルがスパート、坂を駆け上がりながら抜け出してくる。しかしそれも一瞬のこと。外からアーモンドアイがこれを捕らえ、残り300メートルで早くも先頭に躍り出る。スプリント王ロードカナロアの子が2400メートルを乗り切れるのか、と不安視する声もあったが、「すごくいい脚を使って加速した。完璧なレース」とルメール騎手が語った通り、まったく危なげのない走りで、リリーノーブルを振り切り、懸命に追いすがるラッキーライラックを3着に降して、アーモンドアイはゴールを駆け抜けたのだった。

アーモンドアイを管理する国枝栄調教師は「三冠を目指します」と宣言。ルメール騎手も「秋華賞の2000メートルもいける」と太鼓判を押し、さらに「特別な馬。海外でもいける」と付け加える。確かに、どこまでタイトルを積み上げるのか楽しみが広がる、そんな圧勝劇だった。

(谷川 善久)

2018年5月20日(日曜) 2回東京10日

11R 第79回 優駿牝馬(オークス)GⅠ

サラ系3歳
コース 2400m 芝・左
(国際)牝(指定) オープン
定量
本賞金(万円):110004400280017001100
付加賞(万円):2746.1784.6392.3
発走 15:40
天候:晴   芝:良

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 着差 推定上り 馬体重 調教師 単勝人気
1 枠7橙 13 アーモンドアイ 牝3 55.0 C.ルメール 2:23.8 33.2 466 +4 国枝栄 1
2 枠1白 1 リリーノーブル 牝3 55.0 川田将雅 2:24.1 33.9 496 -2 藤岡健一 4
3 枠1白 2 ラッキーライラック 牝3 55.0 石橋脩 2:24.4 1 3/4 33.9 492 +4 松永幹夫 2
4 枠5黄 10 レッドサクヤ 牝3 55.0 福永祐一 2:24.7 1 3/4 33.9 466 0 藤原英昭 11
5 枠2黒 3 マウレア 牝3 55.0 武豊 2:24.8 1/2 34.0 438 -2 手塚貴久 6
6 枠4青 8 サトノワルキューレ 牝3 55.0 M.デムーロ 2:25.1 1 3/4 34.3 452 +6 角居勝彦 3
7 枠6緑 11 パイオニアバイオ 牝3 55.0 北村宏司 2:25.1 クビ 34.1 428 0 牧光二 9
8 枠7橙 15 ウスベニノキミ 牝3 55.0 三浦皇成 2:25.2 1/2 34.2 436 +2 鈴木孝志 12
9 枠3赤 6 オールフォーラヴ 牝3 55.0 和田竜二 2:25.4 34.4 444 +2 中内田充正 5
10 枠8桃 17 ロサグラウカ 牝3 55.0 戸崎圭太 2:25.5 1/2 34.2 442 +8 尾関知人 8
11 枠7橙 14 マルガイランドネ 牝3 55.0 内田博幸 2:25.7 1 1/2 36.1 506 +8 角居勝彦 10
12 枠5黄 9 シスターフラッグ 牝3 55.0 岩田康誠 2:25.9 1 1/4 34.7 482 -2 西村真幸 16
13 枠3赤 5 カンタービレ 牝3 55.0 田辺裕信 2:25.9 クビ 35.5 438 +10 角居勝彦 7
14 枠4青 7 トーホウアルテミス 牝3 55.0 松若風馬 2:26.1 1 1/4 34.6 472 +6 谷潔 13
15 枠8桃 16 ウインラナキラ 牝3 55.0 大野拓弥 2:26.3 1 1/4 34.7 402 +4 宮徹 17
16 枠6緑 12 サヤカチャン 牝3 55.0 松岡正海 2:26.5 1 1/2 37.6 454 0 田所秀孝 14
17 枠8桃 18 オハナ 牝3 55.0 藤岡康太 2:26.7 1 1/2 34.8 414 -2 堀宣行 15
取消 枠2黒 4 トーセンブレス 牝3 55.0 柴田善臣 加藤征弘
タイム
ハロンタイム 12.6 - 11.1 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.1 - 11.6
上り 4F 47.3 - 3F 34.9
コーナー通過順位
1コーナー 12-14,1(2,5)(10,13)3(6,8)11(9,15)-17,7-16-18
2コーナー 12=14-1-5,2,13,10(3,8)6(11,15)9,17-7-16-18
3コーナー 12=14,1(2,5)13,10(3,8)(6,11,15)9,17-7-16,18
4コーナー 12-14-1,5(2,13)(10,3,8)(6,11,15)9,17(7,16)-18
払戻金
単勝 13 170円 1番人気
複勝 13 110円 1番人気
1 200円 4番人気
2 120円 2番人気
枠連 1-7 260円 1番人気
馬連 1-13 1,190円 4番人気
ワイド 1-13 370円 4番人気
2-13 160円 1番人気
1-2 390円 5番人気
馬単 13-1 1,410円 4番人気
3連複 1-2-13 750円 2番人気
3連単 13-1-2 3,360円 5番人気
返還表
返還 返還馬番 4番 返還同枠 2枠
  • photo
  • photo
  • photo
勝馬の情報
勝馬 アーモンドアイ
[牝3・鹿毛]
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
馬主 有限会社 シルクレーシング
生産地 北海道勇払郡安平町
生産牧場 ノーザンファーム
戦績 5戦4勝
獲得賞金 313,419,000円
主な勝鞍 重賞3勝目
2018年 日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)
2018年 桜花賞(GⅠ)
騎手 C.ルメール:2勝目
2017年 ソウルスターリング
調教師 国枝 栄:2勝目
2010年 アパパネ
注記:戦績・獲得賞金は2018年優駿牝馬(オークス)(GⅠ)終了時点