中山競馬場

コース紹介

コース紹介

コース図

  • コース立体図(右回り)

  • コース平面図(右回り)

  • 芝コース高低断面図(右・内回り)

  • 芝コース高低断面図(右・外回り)

  • ダートコース高低断面図(右回り)

コースデータ

  • 芝コース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    芝コース:コースデータ
    直線距離 高低差 発走距離
    310m 5.3m 1,200m(外)、1,600m(外)
    1,800m(内)、2,000m(内)
    2,200m(外)、2,500m(内)
    2,600m(外)、3,200m(外・内)
    3,600m(内)、4,000m(外)

    ※表は横にスクロールすることができます。

    芝コース:各コースデータ
    コース 一周距離 幅員
    A 1,667.1m(内回り)
    1,839.7m(外回り)
    20〜32m(内回り)
    24〜32m(外回り)
    B 1,686m(内回り)
    1,858.5m(外回り)
    17〜29m(内回り)
    21〜29m(外回り)
    C 1,704.8m(内回り)
    1,877.3m(外回り)
    14〜26m(内回り)
    18〜26m(外回り)
  • ダートコース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    ダートコース:コースデータ
    一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    1,493m 20〜25m 308m 4.5m 1,000m、1,200m、1,700m、1,800m、2,400m、2,500m
  • 障害コース

    • コースデータ
      一周距離 1,456.4m
      447.5m、424.3m
      幅員 20m〜30m
    • コースデータ
      高低差 1号坂路 1/8〜1/19
      長さ78m、高さ3.57m
      2号坂路 下り1/12 上り1/11
      長さ113m、高さ5.30m
      3号坂路 1/12〜1/8
      長さ92m、高さ4.74m
      発走距離 2,710m(内)、3,030m(外)、
      3,210m(内)、3,350m(外)、
      3,370m(外)、3,570m(内)、
      4,100m(内)、4,250m(外)、
      4,260m(外)
      ダート 2,700m、2,880m、
      3,200m
    • 各号障害コースデータ
      1号障害 水ごう 高さ1.2m  幅3.7m
      (いけ垣0.7m 水ごう2.7m)
      2号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅2.4m
      (いけ垣1.4m)
      3号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅2.3m
      (いけ垣1.3m)
      4号障害 竹柵
      片面飛越
      (上下動式)
      高さ1.2m〜1.3m
      幅1.6m (竹柵0.95m)
      5号障害 いけ垣
      両面飛越
      高さ1.4m 幅2.4m
      (いけ垣1.4m)
      6号障害 大竹柵
      片面飛越
      高さ1.6m 幅2.05m
      (竹柵1.4m)
      7号障害 大いけ垣
      片面飛越
      高さ1.6m 幅2.4m
      (いけ垣1.4m)
      8,9号障害 ハードル
      片面飛越
      高さ1.3m 幅1.5m
      (竹柵0.4m)
      10号障害 ハードル
      片面飛越
      高さ1.2m 幅1.15m
      (竹柵0.5m)
      1号坂路 (谷) 下り1/8  上り1/19
      2号坂路 (谷) 下り1/12  上り1/11
      3号坂路 (谷) 下り1/12  上り1/8

コース紹介

有馬記念や皐月賞などが行われる“内回り”と、スプリンターズSなどの舞台となる“外回り”。中山競馬場の芝コースは“2本立て”の構成となっている。2つのコースは2コーナーで分岐し、3コーナー地点で再び合流するというレイアウト。このうち外回りコースに比べると、2〜3コーナーのカーブがかなりタイトな設計となっている内回りコースは「小回り」のイメージが強い。

実際、内回りコースの1周距離(1667.1m・Aコース使用時)は札幌競馬場のそれ(1640.9m)と比べても大差なく、310mという直線の長さも、いわゆる4大場の中ではもっとも短い。小倉競馬場の直線(293m)とそれほど変わらないほどだから、1周距離が1839.7m(Aコース使用時)という外回りコースはともかく、内回りコースのサイズは「少し大きめのローカル場」と表現するのが当たっているだろう。

しかし、そんな中山競馬場にはローカル場とは一線を画した特徴を指摘できる。内回り、外回りとも、コース全体の高低差が5.3mと極めて大きいことだ。この5.3mという数字はJRA全10場の中でも最大の数字(ちなみに次位は京都競馬場・外回りの4.3m)。馬たちはコースを1周する間に、2階建ての建物に相当するほどの高低差を上り下りしている計算になる。

ゴールを起点に全体の起伏を見ていくと、ゴール地点から1コーナーにかけて上り勾配が続き、2コーナーの手前で最高到達点を迎える。内回り、外回りとも、そこからは下り勾配に転じ、間に平坦部分を挟みながらホームストレッチ半ばの最深部まで延々と長い下り坂が続く。

そしてゴール前では、中山名物の急坂が馬たちを待ち構えている。残り180m〜残り70m地点にかけて設けられている上り坂の高低差は2.2m、最大勾配は2.24%と日本一のキツさを誇る。快調に飛ばしてきた馬の脚色が急坂で鈍り、ゴール前の逆転劇に繋がるケースもしばしば見受けられ、馬たちにとっては文字通り最後に待ち受ける“難所”となっている。

2コーナー手前の最高到達地点から長い下り坂と急激な上り坂を経てゴールに至る起伏構成は、一方のダートコースも同じ。1周距離が1493m、直線の長さが308mと、全体のサイズこそ「ローカル場を少し大きくした程度」に過ぎないダートコースだが、コース全体の高低差は4.5mにも及ぶ。ゴール前には芝コースと同様の急坂が設けられており、サイズから連想されるイメージよりも遥かにタフなコースといえる。

起伏に富んだ地形は障害コースにも上手く活かされており、深い“谷”を上り下りするバンケット障害は中山の名物といえるもの。また、春の中山グランドジャンプ、暮れの中山大障害と、1年に2回しか使用されない襷(タスキ)コース(通称・大障害コース)には、大竹柵、大いけ垣という2つの難関が設置されており、スリリングなレースをファンに提供している。

(石田敏徳)(2012年4月時点)

  • 中山競馬場 芝コース ゴール前
  • 中山競馬場 芝コース コーナー
ページトップへ戻る
表示モード: