京都競馬場

コース紹介

コース紹介

コース図

  • コース立体図(右回り)

  • コース平面図(右回り)

  • 芝コース高低断面図(右・内回り)

  • 芝コース高低断面図(右・外回り)

  • ダートコース高低断面図(右回り)

コースデータ

  • 芝コース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    芝コース:コースデータ
    高低差 発走距離
    3.1m(内回り)
    4.3m(外回り)
    1,100m(内)、1,200m(内)
    1,400m(内・外)、1,600m(内・外)
    1,800m(外)、2,000m(内・外)
    2,200m(外)、2,400m(外)
    3,000m(外)、3,200m(外)
    コース 一周距離 幅員 直線距離
    A 1,782.8m(内回り)
    1,894.3m(外回り)
    27〜38m 328.4m(内回り)
    403.7m(外回り)
    B 1,802.2m(内回り)
    1,913.6m(外回り)
    24〜35m 323.4m(内回り)
    398.7m(外回り)
    C 1,821.1m(内回り)
    1,932.4m(外回り)
    21〜32m 323.4m(内回り)
    398.7m(外回り)
    D 1,839.9m(内回り)
    1,951.3m(外回り)
    18〜29m 323.4m(内回り)
    398.7m(外回り)
    走路断面図
  • ダートコース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    1,607.6m 25m 329.1m 3.0m 1,000m、1,100m、1,200m
    1,400m、1,800m、1,900m、2,600m
  • 障害コース

    • 一周距離
      • 普障:1,413.8m
      • 大障:1,399.8m
      幅員
      • 普障:23m
      • 大障:20m
      高低差
      • 普障:2.8m
      • 大障:1.9m
      発走距離 芝:3,170m、3,180m、3,930m
      ダート:2,910m、3,170m、3,760m
    • 1号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅1.8m 
      (いけ垣1.3m)
      2号障害 水ごう 高さ1.2m 幅3.7m
      (いけ垣0.7m  水ごう2.7m)
      3、6号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅2.4m
        (いけ垣1.5m)
      4号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅1.7m
      (いけ垣1.2m)
      5号障害 竹柵
      片面飛越
      高さ1.2m 幅1.85m 
      (竹柵1.2m)
      7号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m 幅2.4m
      (いけ垣1.4m)
      8号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.5m 幅2.9m
      (いけ垣1.6m)
      9号障害 バンケット 高低差0.8m 長さ15.9m
      10号障害 ハードル
      (可動式障害)
      高さ1.2m 幅1.8m
      (竹柵0.5m)

コース紹介

京都競馬場の芝コースは、阪神や中山と同様に、“内回り”及び“外回り”から成る2本立ての構成となっている。この2つのコースは3コーナーで分岐し、4コーナーで合流するというレイアウト。一方で2コーナーの奥にはバックストレッチに連なる長い引き込み線が設けられており、マイルチャンピオンシップが行われる芝1600m(外回り)、きさらぎ賞が行われる芝1800mは、向正面左手の奥深い地点からスタートを切ることになる。

そんな京都競馬場の最大の特徴といえば、“3コーナーの坂”をおいて他にない。外回りコースの場合、坂の高低差は4.3m(内回りコースは3.1m)にも及び、向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るというレイアウト。ちなみにこの3コーナー付近を除くと、コースの起伏は直線も含めてほぼ平坦となっており、“3コーナーに小高い丘が設けられている競馬場”とイメージすればいいだろう。

かつては「ゆっくり上り、ゆっくり下れ」といわれたこの坂だが、最近は坂の下りで惰性をつけて平坦な直線に向くという戦法が浸透してきている。ただし3コーナーの坂を2回、上り下りする3000m級の長距離レースの場合、1周目の坂はゆっくり下るのが鉄則。自然に勢いがついてしまう坂の下り→スタンドからの大歓声を浴びる1周目の直線と続く場面で、折り合いを乱さずスタミナを温存できるかがレースのポイントとなる。

さて、1周距離(外回り1894.3m、内回り1782.8m・どちらもAコース使用時)、直線の長さ(外回り403.7m、内回り328.4m)とも、外回りよりコンパクトな造りとなっている内回りでは、先行有利の傾向が明らか。対して外回りのレースでは直線が平坦の割に差し馬の強襲が決まり、ゴール寸前の逆転劇が起きるケースも多い。また、当然のことながら3〜4コーナーのカーブは、内回りのほうが外回りよりもタイト。このため、内回りを舞台にしたレースでは“器用さ”も重要なファクターといえる。

一方、1周距離が1607.6mというダートコースは、東京競馬場に次ぐ大きさを誇る。ただし直線の長さは329.1mと、阪神(352.5m)や新潟(353.9m)より短いことは覚えておきたい。芝コースの項で指摘した3コーナーの“丘”はダートコースにも設けられており、4コーナーにかけて惰性をつけて坂を下り、直線に向くレイアウト。しかも芝コースと同様、直線に坂は設けられていないため、ダートのレースでは他場よりも上がりの時計が速くなることが多い。

また、順回りでゴールを目指していく障害コースは3コーナーで2つのコースに分岐。このうち、京都ハイジャンプ、京都ジャンプSの際に使用されるハイジャンプコースには、高低差0.8m、長さ15.9mの台を上り下りするバンケット障害(“飛び上がり飛び降り台”、もしくは“三段飛び”と呼ばれている)が設置されている。

(石田敏徳)(2012年4月時点)

  • 京都競馬場 芝コース 3コーナー
  • 京都競馬場 芝コース ゴール前
ページトップへ戻る
表示モード: