函館競馬場

コース紹介

コース紹介

コース図

  • コース立体図(右回り)

  • コース平面図(右回り)

  • 芝コース高低断面図(右回り)

  • ダートコース高低断面図(右回り)

コースデータ

  • 芝コース

    芝コース:コースデータ
    高低差 発走距離
    3.5m 1,000m, 1,200m, 1,700m
    1,800m, 2,000m, 2,600m

    ※表は横にスクロールすることができます。

    芝コース:各コースデータ
    コース 一周距離 幅員 直線距離
    A 1,626.6m 29m 262.1m
    B 1,651.8m 25m 262.1m
    C 1,675.8m 21〜22m 264.5m
  • ダートコース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    ダートコース:コースデータ
    一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    1,475.8m 20m 260.3m 3.5m 1,000m, 1,700m, 2,400m

コース紹介

夏の北海道開催のオープニングを受け持つ函館競馬場は、JRA全10場のなかでもっとも「直線の長さが短い競馬場」として知られている。

芝コースの場合、4コーナーからゴールラインまでの距離は262.1m(ダートコースは260.3m)。東京競馬場の直線(525.9m)の半分にも満たないどころか、同じく東京の直線の、“坂を上り終えた地点からゴール板までの距離(260m)に匹敵する長さ”と書けば、函館の直線がいかに短いかを実感していただけるはずだ。

ただし芝コースの1周距離(Aコース使用時で1626.6m)は、福島競馬場(1600m)や小倉競馬場(1615.1m)よりも長く、競馬場自体のサイズが全国で一番小さいわけではない。ならばなぜ、函館の直線は全国で一番短いのだろうか?

その答えはゴール板の位置にある。遠目に海を望むことができるスタンドに立ってコース全体を見下ろせば、函館競馬場のゴール板が他場より“4コーナー寄り”に設置されていることに気付くはずだ。すなわち、ゴール板から1コーナーまでの距離がゆったり採られているレイアウトのために、函館競馬場の直線は短くなっているというわけである。

函館コースのもうひとつの特徴は、“高低差がかなりある”ことだ。3〜4コーナー付近の最高地点と、2コーナー付近の最低地点を比較した高低差は、芝、ダートともに3.5m。これはローカル競馬場(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)の中では最大(芝の3.5mは中京と並んで最大)の数値となっている。

もう少し詳細に書くと、ゴール板から2コーナーにかけてはなだらかな下り勾配、その後は3〜4コーナーまでだらだらとした上り勾配が続き、最後は直線に向けてなだらかに下るというレイアウト。要するに3〜4コーナーから2コーナーにかけて競馬場全体が“斜めに傾いている”と考えればよい。

従って、向正面奥からスタートを切る芝1200m、また、ダート1000mの序盤の先行争いはほぼ丸々、上り勾配で繰り広げられる。また、向正面半ばに発走地点が設けられている芝2600mでは、スタートからゴールまでの間に上り勾配を2回走る。勾配自体はそれほど急でないとはいえ、見た目よりもかなりタフな設定のコースといえるだろう。さて、北海道の南端に位置する函館では、本州を覆う梅雨前線の影響を受けて、開催が雨に祟られやすい。寒冷地対策として芝コースに使用されている洋芝(野芝は使われていない)はもともと、野芝より耐久性が低い品種。従って後半開催を迎える頃の芝コースは馬場の傷みが進行して、かなり時計を要するコンディションとなってしまうことが多い。ちなみに2011年の函館記念は良馬場ながら2分00秒3という遅い時計の決着だった。もちろん天候にもよるわけだが、基本的には開催が進めば進むほど、タフな馬場状態を苦にしない“パワータイプの台頭”を頭に入れておく必要がある。

(石田敏徳)(2012年4月時点)

  • 函館競馬場 芝コース 直線
  • 函館競馬場 芝コース ゴール前
ページトップへ戻る
表示モード: