これまで秋に行っていたワールドスーパージョッキーズシリーズを、「ワールドオールスタージョッキーズ【WORLD ALL−STAR JOCKEYS(WASJ)】」として開催いたします。
 個人戦に加え、出場騎手を「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)」と「JRA代表騎手チーム(JRA選抜)」に分け、チームの合計得点を競う対抗戦を行います。
 ジョッキーによる競演に、ご注目ください!

2015ワールドオールスタージョッキーズ概要 ポイントランキング 過去の成績

2015年8月29日(土)
2015 ワールドオールスタージョッキーズ第1戦
第2回札幌競馬第3日 第9レース
3歳以上500万円以下
2,600m(芝)
出馬表
2015 ワールドオールスタージョッキーズ第2戦
第2回札幌競馬第3日 第11レース
3歳以上1,600万円以下
2,000m(芝)
出馬表

2015年8月30日(日)
2015 ワールドオールスタージョッキーズ第3戦
第2回札幌競馬第4日 第10レース
3歳以上1,000万円以下
1,200m(芝)
出馬表
2015 ワールドオールスタージョッキーズ第4戦
第2回札幌競馬第4日 第12レース
3歳以上1,000万円以下
1,800m(芝)
出馬表

2015 ワールドオールスタージョッキーズ出場騎手が決定!
■JRA代表騎手 ※2015年7月26日(日)現在の成績で決定
(関東) 戸崎 圭太   2014年度JRA賞の騎手部門「MVJ」受賞者(勝利度数1位)
  蛯名 正義   勝利度数2位
  柴山 雄一   勝利度数3位
(関西) M.デムーロ   2015年日本ダービー(GI)優勝騎手
  福永 祐一   勝利度数1位
  岩田 康誠   勝利度数2位
  武 豊   勝利度数3位

■地方競馬代表騎手
岩橋 勇二(北海道・田中 淳司厩舎所属)
藤田 弘治(金沢・黒木 豊厩舎所属)

■海外招待騎手
ラッセル・ベイズ(アメリカ)
ティエリ・ジャルネ(フランス)
ヘイリー・ターナー(イギリス)
クレイグ・ウィリアムズ(オーストラリア)
ジョアン・モレイラ(香港)

※各出場騎手のプロフィールについては、「出場騎手紹介」ページをご覧ください。

ワールドオールスタージョッキーズ ポイントランキング  最終結果 
順位  騎手名
 (国名・所属)
 チーム
ポイ
ント
合計
第1戦
第2戦
第3戦
第4戦
騎 乗 馬 着順


騎 乗 馬 着順


騎 乗 馬 着順


騎 乗 馬 着順


1 J.モレイラ
(香港)
WAS選抜
56点 ジュンファイトクン 2着 15点 ジャングルクルーズ 1着 20点 ブラヴィッシモ 1着 20点 ケツァルコアトル 11着 1点
2 武豊
(関西)
JRA選抜
50点 キネオワールド 5着 10点 ミエノワンダー 2着 15点 フェアラフィネ 2着 15点 ティアーモ 5着 10点
3 戸崎圭太
(関東)
JRA選抜
30点 ローレルトルネード 14着 1点 ロードエフォール 5着 10点 タカラジェニファ 3着 13点 ピュアソルジャー 6着 6点
4 藤田弘治
(金沢)
WAS選抜
29点 ジューヴルエール 1着 20点 オメガハートロック 9着 3点 アドマイヤサブリナ 7着 5点 シベリアンタイガー 14着 1点
5 岩田康誠
(関西)
JRA選抜
26点 フミノスナイパー 8着 4点 ダンツキャンサー 6着 6点 トウショウハマー 9着 3点 タガノエンブレム 3着 13点
5 T.ジャルネ
(フランス)
WAS選抜
26点 レオニーズ 4着 11点 スーサングレート 14着 1点 ダイワインスパイア 5着 10点 アメリカンダイナー 8着 4点
7 C.ウィリアムズ
(オーストラリア)
WAS選抜
23点 ストリートオベロン 7着 5点 ジャーエスペランサ 4着 11点 オリエンタルサン 10着 2点 アルテ 7着 5点
7 H.ターナー
(イギリス)
WAS選抜
23点 スカーレットデビル 11着 1点 ベルニーニ 11着 1点 ジョージジョージ 13着 1点 ウインフェニックス 1着 20点
7 福永祐一
(関西)
JRA選抜
23点 スマッシュスマイル 6着 6点 レッドソロモン 3着 13点 オルフィーク 12着 1点 ディルガ 9着 3点
10 横山典弘※
(関東)
JRA選抜
22点 ドリームチェイサー 10着 2点 トウカイオーロラ 8着 4点 ウエスタンソーレ 14着 1点 バイガエシ 2着 15点
11 M.デムーロ
(関西)
JRA選抜
19点 ベルウッドケルン 13着 1点 ブランネージュ 7着 5点 エビスグレイト 4着 11点 メイショウテッサイ 10着 2点
11 R.ベイズ
(アメリカ)
WAS選抜
19点 フローレスダンサー 12着 1点 ショウナンバーキン 13着 1点 レヴァンタール 6着 6点 オールステイ 4着 11点
13 柴山雄一
(関東)
JRA選抜
17点 グランディフローラ 3着 13点 ルファルシオン 10着 2点 オーガンディー 11着 1点 エデンロック 12着 1点
14 岩橋勇二
(北海道)
WAS選抜
9点 モンテエクリプス 9着 3点 トーセンハルカゼ 12着 1点 ボブキャット 8着 4点 ヴァリアシオン 13着 1点
蛯名正義騎手は落馬負傷のため横山典弘騎手に変更

チーム対抗戦獲得ポイント 【優勝はJRA代表騎手チーム(JRA選抜)!】
「JRA代表騎手チーム(JRA選抜)」   187ポイント
「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)」   185ポイント

○上位騎手のコメント
第1位 J.モレイラ騎手
「このシリーズに参加する騎手はみんな勝つ気持ちがあり、素晴らしい技術を持った人ばかりなので、その中で優勝することが出来て本当に嬉しいです。いい馬に恵まれたことや関係者に協力していただいたおかげなので、自分だけの優勝ではありません。多くの事を学べましたし、フェアプレー精神には感銘を受けました。招待していただき、感謝しています。また、日本で騎乗したいと思っています。応援ありがとうございました。」

第2位 武 豊騎手
「複雑な心境です。第3戦を勝っていたらと思うと悔しいです。大きなハナ差でした。素晴らしい騎手が札幌に集まってくれて、いいレースが出来ました。いい機会を与えてくれて感謝しています。」

第3位 戸崎 圭太騎手
「本当に素晴らしい騎手の中で騎乗出来て刺激を受けましたし、楽しかったです。」


チーム戦JRA選抜 武 豊騎手のコメント
「個人としては、1着が取れなかったのは残念でしたが、JRA選抜のみんながひとつでも上の着順を目指した結果だと思います。今回初めて行われたチーム戦で勝つことができて、何とか面目を保てました。」

○総合表彰式の映像
総合表彰式の映像


【得点表】
 着順  第1着 第2着 第3着 第4着 第5着 第6着 第7着 第8着 第9着 第10着  第11着以下 
 得点  20点 15点 13点 11点 10点 6点 5点 4点 3点 2点 1点
出走馬不足、出走取消、競走除外など、騎手本人の責任に関係なく騎乗できなかった場合は、5点が与えられます。また、競走中止の場合は、最下位と同じポイントが与えられます。
以下のいずれかに該当する場合は、ポイントが与えられません。
・騎手本人の責任により騎乗できなかったとき
・騎手が騎乗停止以上の処分を受けたとき
・失格したとき
同着の場合でも、着順に応じたポイントが与えられます。

 
ページトップへ戻る