細ペン先生のおさらい新馬戦

先週の新馬戦から私が気になった3レースをピックアップ。勝ち馬のプロフィールや注目ポイントをおさらいします!さらには新馬戦ダイジェストや今週の注目デビュー情報も掲載。未来のHEROを見つけてみてね♪
7月30日(土)・7月31日(日)
新潟競馬・札幌競馬

先週の気になった新馬戦

  • 7月30日(土) 新潟5R  芝1600m
    リバティアイランド
    牝 鹿毛
    調教師
    中内田 充正(栗東)
    騎手
    川田 将雅
    ドゥラメンテ
    ヤンキーローズ
    母父
    All American
    上がり3F31秒4!驚異的な末脚を繰り出して快勝
    今夏の新潟で最初の新馬戦は、ドゥラメンテ産駒のリバティアイランドが3馬身差で快勝して1番人気に応えました。
    ラストの3F(ゴールまでの600m)がすべて10秒台の流れを中団から差し切って、自身がマークした上がり3Fは驚きの31秒4(推定)! これは新馬のみならず古馬のレースでもほとんどお目にかかれないタイムです。デビュー戦で非凡な決め手を披露して、将来が楽しみな馬がまた一頭登場しました!
    細ペン先生のココがポイント!
  • 7月31日(日) 新潟5R  芝1800m
    ダノントルネード
    牡 黒鹿毛
    調教師
    中内田 充正(栗東)
    騎手
    川田 将雅
    ハーツクライ
    シーウィルレイン
    母父
    Manhattan Rain
    評判馬同士の一騎打ちをハナ差で制す
    日曜の新潟では、2021年のセレクトセール(1歳)で高額取引された評判馬2頭がゴール前で抜け出して一騎打ちの態勢になりましたが、際どい競り合いをハナ差で制したのは2番人気のダノントルネードでした!
    オーストラリアの2歳女王シーウィルレインを母に持つ血統馬で、ゴール前で発揮した勝負根性は見事。2着のシャザーンも交わされてから差し返しにいく脚を見せ、敗れたものの素質の高さを感じさせました。
    細ペン先生のココがポイント!
  • 7月31日(日)札幌5R  芝2000m
    ウェイビー
    牝 黒鹿毛
    調教師
    西村 真幸(栗東)
    騎手
    鮫島 克駿
    サトノアラジン
    パルストリーナ
    母父
    Medaglia d'Oro
    大型牝馬が2馬身半差の完勝で初戦を突破
    重賞2勝のマキシマムドパリの仔ライツオブキングス、リステッド競走を連勝中のウインカーネリアンの全弟ウインアイオライトなど好メンバーが揃った一戦は、鮫島克駿騎手が騎乗した4番人気のウェイビーが制しました。
    道中は好位の内を進み、直線で外に出すと、一気に前を捉えて2馬身半抜け出す完勝! 牝馬ながら馬体重512㎏と馬格に恵まれ、余裕を持っての初戦突破だけに今後も注目です。
    細ペン先生のココがポイント!

今週の気になるデビュー

8月6日、8月7日の
気になるデビューはこちら!
  • フェイト
    牡 鹿毛
    調教師
    矢作芳人(栗東)
    リアルスティール
    サンタフェチーフ
    母父
    Wiesenpfad
    伯母サロミナはG1独オークスの勝ち馬で、その産駒に朝日杯FSを勝ったサリオスや、アイルランドT府中牝馬Sを勝ちエリザベス女王杯と有馬記念で2着のサラキアがいます。7月27日の追い切りでは、栗東Cウッドチップコースで6F82秒4、ラスト1F11秒7をマークしました。8月6日(土曜)の新潟芝1800メートルに福永祐一騎手でデビュー予定です。
  • メイショウネムノキ
    牝 芦毛
    調教師
    池添兼雄(栗東)
    ロードカナロア
    メイショウベルーガ
    母父
    フレンチデピュティ
    母は現役時にGⅡを2勝し、2010年のエリザベス女王杯で2着に入っており、この仔が最後の産駒です。半兄には弥生賞を勝ったメイショウテンゲンがおり、半姉には阪神牝馬Sを勝ったメイショウミモザがいます。8月7日(日曜)の札幌芝1800メートルに池添謙一騎手でデビュー予定です。
  • ゴルデールスカー
    牡 栗毛
    調教師
    大久保龍志(栗東)
    モーリス
    マラムデール
    母父
    フレンチデピュティ
    祖母はエリザベス女王杯2年連続2着など活躍したフサイチエアデールで、近親にはクロノジェネシスやノームコア、フサイチリシャールなど活躍馬が並びます。7月27日の追い切りでは、栗東Cウッドチップコースで6F81秒2、ラスト1F12秒0をマークしました。8月7日(日曜)の新潟芝1600メートルにC.ホー騎手でデビュー予定です。