JRAニュース

2022年12月12日

  • その他
  • ピックアップ
LINEで送る

競馬法100周年記念事業の実施

令和5年(2023年)は、大正12年(1923年)に競馬法が制定されてから100周年を迎えます。
JRAでは、競馬法100周年を記念して、競馬や勝馬投票の歩みを振り返り、広く発信をしていくとともに、今日の競馬を支えていただいているお客様への感謝をお伝えしていく各種記念事業を実施します。

競馬法100周年記念事業のコンセプト

競馬法は、1923年3月24日に第46回帝国議会において可決され、同年4月10日に公布、7月1日に施行されました。この競馬法の制定により勝馬投票券の発売が行われるようになったことで、今日に続く競馬の発展の礎が築かれたといえます。同法の制定に尽力した安田伊左衛門翁の名を冠した「安田記念(GⅠ)」は、伝統のマイル戦として長く親しまれています。

また、同法施行後初の競馬開催が同年8月24日から26日にかけて札幌競馬場で行われています。

JRAでは、これらの日に焦点を当てた様々な取組みを展開してまいります。

主な取組み

記念競走の実施

  • 「競馬法100周年記念」【第2回阪神競馬第6日(4月9日(日曜)) 第10競走】
  • 注記:
    競走名(尼崎ステークス)を変更し、「競馬法100周年記念」として実施
  • 「競馬法100周年記念 第73回農林水産省賞典 安田記念(GⅠ)」【第3回東京競馬第2日(6月4日(日曜)) 第11競走】
  • 「勝馬投票100周年記念」【第2回札幌競馬第6日(8月27日(日曜))】
  • 注記:
    競走番号は後日お知らせします

イベント関係

競馬法や勝馬投票券に関連する企画展示、各種イベントの展開および馬事振興プロモーション等を通じて競馬法100周年を広く発信してまいります。

その他

特設サイトの公開、記念切手の発行、記念投票券および特別版レーシングプログラムの作成等を予定しています。

  • 注記:
    取組みの詳細につきましては、改めてお知らせいたします。
ページトップへ戻る
表示モード: