JRAニュース

2021年12月28日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ
LINEで送る

2021ヤングジョッキーズシリーズ チャンピオンは飛田 愛斗騎手(佐賀)に決定!

12月28日(火曜)、中山競馬場で行われた「ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド中山」に参加した騎手の騎乗成績とファイナルラウンドの最終結果をお知らせいたします。

ファイナルラウンド最終結果(上位3名)

表はスクロールすることができます

ファイナルラウンド最終結果(上位3名)
順位 騎手名(所属) 合計ポイント
第1位 飛田 愛斗(佐賀) 65ポイント
第2位 菅原 明良(美浦) 55ポイント
第3位 魚住 謙心(金沢) 52ポイント
  • 優勝 飛田 愛斗騎手のコメント

    とてもうれしい気持ちでいっぱいです。今年が最初で最後のヤングジョッキーズシリーズで、西日本地区は優勝がまだないので、優勝を持って帰る気持ちで臨みました。大きい舞台でレースに乗せていただいたことと、ヤングジョッキーズシリーズを開催してくださった皆様に感謝しています。これからは、佐賀競馬場だけでなく、いろいろな競馬場で大きいレースに騎乗させてもらえる機会があれば良い結果が出せるように頑張りますので、よろしくお願いします。

  • 第2位 菅原 明良騎手のコメント

    昨日の大井競馬場から良い馬に乗せてもらっていたのですが、結果を出すことができなくて悔しい気持ちしかありませんし、申し訳ない気持ちです。今年で出場するのは最後なので優勝したかったですが、良い成績は残せなかったです。来年は、今年以上に勝ち星を、と思っていますし、重賞やGⅠにも乗せてもらえるような騎手になれるように頑張っていきたいと思います。

  • 第3位 魚住 謙心騎手のコメント

    3位になれたことが素直に嬉しいです。勝ったときはすごく嬉しかったですし、調教師さんや馬主さん、そして馬に感謝したいです。地元金沢の兼子先輩が怪我をしていたので、その分も自分が勝ってやろうという気持ちで頑張ってきました。この機会に自分のことを知ってくださった方は、金沢競馬で一生懸命騎乗しているので、よければ応援してください。

シリーズの詳細は、ヤングジョッキーズシリーズ特設サイトをご参照ください。

ページトップへ戻る
表示モード: