JRAニュース

2021年12月26日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ
LINEで送る

開催競馬場・今日の出来事(12月26日(日曜))

第5回中山第8日(12月26日(日曜))

競走中疾病

8R

8番 エリモグリッター(内田 博幸騎手)
競走中に鼻出血を発症

有馬記念(GⅠ)表彰式プレゼンター 見上 愛さんのコメント

  • コメント

    競馬場でのレース観戦は今回が初めてです。その初めてを有馬記念で迎えられることは本当に幸せなことだと思います。馬券はエフフォーリアとクロノジェネシスのワイド、ディープボンドの複勝で勝負しました。見事的中して嬉しいです!素晴らしい走りに感動しました。これからの競馬も楽しみにしています。

クロノジェネシス引退式 関係者コメント

  • 馬主 有限会社 サンデーレーシング 代表取締役 吉田 俊介氏のコメント

    今日は勝って、有終の美を飾る、というわけにはいきませんでしたが、グランプリ3勝を含む、GⅠ 4勝の成績を残してターフを去ります。また、無事に走り終えたのを見ることができてほっとしています。昨年の宝塚記念の強い勝ち方を見て、力のいる馬場でも力を発揮してくれたので、この馬で凱旋門賞に挑戦したいなと思い、その後も良い成績を残してくれたので今年挑戦しました。クロノジェネシスはこの後、母としての仕事が待っています。同じように凱旋門賞に挑戦できるような子どもたちが出てくることを皆さん期待していてください。長らくのご声援をありがとうございました。

  • 斉藤 崇史調教師のコメント

    この馬と共に厩舎で過ごしてきた期間が3年半くらいありますが、これで終わるんだなあという気持ちでいっぱいです。デビュー前からすごく良い馬と感じていて、1戦毎に馬が良くなっていくので、本当に素晴らしい馬だなと思って接していました。1年前の有馬記念が一番の思い出のレースです。今はお疲れ様としか言いようがないです。これから北海道に戻って良いお母さんになってください、と伝えたいです。

  • 北村 友一騎手のコメント

    初めて跨った時から走る馬だな、とシンプルに思いました。秋華賞の時は、ここで勝たないともう後がないと思っていましたし、自分にプレッシャーをかけて臨んだレースでしっかりと結果を出すことができて良かったです。この馬の成長には本当に驚かされることばかりで、どんどん良くなっていったので、自分でも初めて体験する馬だなと思いました。引退式の場にいるのが仮想現実というか、VRの世界観のような感じがしてなんだかふわふわとした感覚です。クロノジェネシスには、ここまで色んな経験をさせてくれてありがとう、という感謝の言葉しかないです。

  • C.ルメール騎手のコメント

    今回、ラストランで勝たせることができなかったのは申し訳ないです。いつも通りクロノジェネシスは良く頑張ってくれました。無事に帰ってきてくれたので、これから牧場で素晴らしい母になれると思います。クロノジェネシスは心臓がとても大きかったです。ずっとスーパーホースで良く頑張っていました。ハイレベルでいつも一生懸命に走っていました。最後も一生懸命走っていました。

  • 間宮 辰徳調教助手のコメント

    本当にお疲れ様でした、としか言いようがないです。それ以上何も言うことはないです。とても乗り味の良い馬だと思いました。今日も頑張って欲しい気持ちもありましたが、無事に走ってきて、いつも通りの元気な姿を見せてくれたので良かったです。

  • 和田 保長調教助手のコメント

    負けはしましたが、今日も一生懸命走ってくれました。たくさん大事なことを教えてくれましたし、たくさん夢を叶えてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。すごく愛嬌があって、自分は噛まれたりしたこともありましたが、普段はかわいい子です。2歳の頃は華奢な女の子だったのですが、すごく成長してくれて、ここまでの馬になるとは思っていませんでした。本当に夢を与えてくれてありがとう、と言いたいです。

  • 生産者 ノーザンファーム 中島 文彦氏のコメント

    今日は負けてしまいましたが、最後まで一生懸命走ってくれましたので、あとは牧場に無事に帰ってくるのを皆で待っています。3歳のオークスまで430から440kgで走っていた小さい子が、秋になって+20kgで秋華賞を勝ってくれたこと、また古馬になってどんどん成長してくれたことが嬉しく、また心強く思っていました。今後は、まずは無事に子どもを産んでくれて、その子どもが元気に育ってくれれば十分です。この馬は色んな種牡馬を付けられると思うので、吉田俊介社長にも言われたのですが、種付けの相手は当日の朝に決めることになると思います。


第6回阪神第8日(12月26日(日曜))

競走中止

5R

8番 カガジャスティス(小野寺 祐太騎手)
2周目4号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

競走中疾病

5R

1番 トミケンボハテル(大江原 圭騎手)
競走中に鼻出血を発症

岩戸 孝樹調教師 JRA通算300勝達成!

5Rで、9番エコロドリーム(草野 太郎騎手)が1着となり、岩戸 孝樹調教師(美浦)は現役69人目のJRA通算300勝を達成しました。

  • コメント

    時間はかかりましたが、昨日・今日(1勝ずつ)と勢いをつけて、地道に300勝達成することができました。ありがとうございます。オーナー、牧場関係者、ジョッキー、厩舎スタッフはもちろんのこと、マスコミ関係者の皆様にもお世話になり、感謝しています。これからも小さな1歩を積み重ねて、400勝、500勝にむけて頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ページトップへ戻る
表示モード: