JRAニュース

2021年12月19日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ
LINEで送る

開催競馬場・今日の出来事(12月19日(日曜))

第5回中山第6日(12月19日(日曜))

競走中疾病

12R

8番 ベストユエンモン(丸田 恭介騎手)
競走中に鼻出血を発症

横山 武史騎手 JRA年間100勝達成!

6Rで、5番スコラーリに騎乗し第1着となった横山 武史騎手(美浦:鈴木 伸尋厩舎所属)は、自身初となるJRA年間100勝を達成しました。
なお、「22歳11カ月28日」でのJRA年間100勝達成となり、これは武 豊騎手(19歳8カ月12日)に次ぐ史上2番目の記録となります。

  • コメント

    去年94勝で達成できなかったので、今年はGⅠを勝つことと年間100勝することを目標に掲げていました。どちらも達成できてよかったです。去年関東リーディングを取れたので、今年は絶対に年間100勝したいと思って乗っていました。僕がどれだけ頑張っても馬が応えてくれないと競馬は難しいので、応えてくれる馬と、任せてくれる関係者に感謝しています。馬のおかげで勝てたところはありますが、GⅠを勝てて僕のなかで自信につながりましたし、少しずつ競馬も余裕を持てるようになりました。ここまできたら通算300勝も今年中に達成したいです。来年は今年以上に勝てるよう、GⅠや重賞も勝てるように頑張っていきたいと思います。

小西 一男調教師 JRA通算500勝達成!

12Rで、4番ボーンジーニアス(田辺 裕信騎手)が第1着となり、小西 一男調教師(美浦)は現役27人目のJRA通算500勝を達成しました。

  • コメント

    長い間、馬主さんと厩舎スタッフに支えられて、ここまで来られたので、皆様に感謝したいです。あと4年とちょっとぐらいですが、これからも1頭1頭を大事にして、ひとつでも良い結果を出していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。


第6回阪神第6日(12月19日(日曜))

出走取消

9R

1番 マカオンブラン(和田 竜二騎手)
感冒のため

競走除外

3R

11番 ウルテ(鮫島 克駿騎手)
発馬機内で転倒した際に、左前肢挫創を発症したため

10R

10番 キュールエサクラ(藤岡 佑介騎手)
馬場入場時に放馬し、右腕節部裂創を発症したため

岩田 望来騎手 JRA通算200勝達成!

1Rで、10番ヴァレーデラルナに騎乗し第1着となった岩田 望来騎手(栗東:藤原 英昭厩舎所属)は、現役60人目のJRA通算200勝を達成しました。

  • コメント

    年内に200勝できたことが何よりよかったと思います。今年は藤原厩舎でなかなか勝てなかったのですが、節目の200勝で勝てたことは大きいことですし、これからもっともっと頑張っていきたいと思います。
    これまで勝ち星を重ねてきていますが、今年は2着が多いレースが続いていますので、来年は2着の数を1着に増やせるように頑張ります。
    同期35期はみんなで切磋琢磨して勝ってきていますので、自分もそれに刺激を受けて頑張りたいと思っています。
    このような時期に競馬場に足を運んでいただきありがとうございます。寒いので体調に気をつけて応援よろしくお願いします。


第6回中京第6日(12月19日(日曜))

競走中疾病

2R

14番 ララシャルロット(菱田 裕二騎手)
競走中に鼻出血を発症

7R

4番 ウエスタンスパーダ(▲原 優介騎手)
競走中に鼻出血を発症

12番 シグネチャーセル(西村 淳也騎手)
競走中に鼻出血を発症

藤原 辰雄調教師 勇退

12月20日(月曜)をもって勇退する藤原 辰雄調教師(美浦)は、中京12R(12番アメリカンマッハ(黛 弘人騎手)・10着)が最後の出走となりました。

  • コメント

    まだ実感は湧きませんが、最終レース後にたくさんの人に集まってもらえてぐっときましたしありがたいです。調教師人生は今になってみれば短かくてあっという間でした。あと2か月ほど残してはいますが、後継者もいるので、あとは後任に託します。

2021年中京競馬リーディングジョッキーは、松山 弘平騎手!

松山 弘平騎手(栗東:フリー)は、2021年中京競馬で52勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。

【2021年中京競馬リーディングジョッキー順位】
1位 松山 弘平騎手 (52勝、2着 35回、3着 27回)
2位 福永 祐一騎手 (39勝、2着 31回、3着 34回)
3位 川田 将雅騎手 (33勝、2着 20回、3着 12回)
ページトップへ戻る
表示モード: