JRAニュース

2021年12月12日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ
LINEで送る

開催競馬場・今日の出来事(12月12日(日曜))

第5回中山第4日(12月12日(日曜))

競走中止

4R

1番 タマモアンドロメダ(上野 翔騎手)
疾病を発症したため、1周目正面の直線コースで競走を中止
馬:左前肢跛行
騎手:異状なし

8R

4番 ゴルコンダ(石川 裕紀人騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:鼻出血
騎手:異状なし

競走中疾病

3R

16番 オモイソメル(横山 武史騎手)
競走中に心房細動を発症


第6回阪神第4日(12月12日(日曜))

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第73回阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

ラブリイユアアイズ 関根 智明厩務員(黒岩 陽一厩舎)

審査委員

沖 芳夫氏(元JRA調教師)

  • 受賞者 関根 智明厩務員のコメント

    受賞できるとは思っていなかったので光栄です。普段から特別なことはやっていませんが、調教後の馬の体調を整えることを大事にしています。ロゴタイプのファン共々、今後も応援よろしくお願いします。ありがとうございました。


第6回中京第4日(12月12日(日曜))

本日の掲載事項はございません

ページトップへ戻る
表示モード: