JRAニュース

2021年10月31日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(10月31日(日曜))

第4回東京第8日(10月31日(日曜))

出走取消

4R

13番 オレノマサムネ(木幡 巧也騎手)
右後肢挫創のため

7R

12番 ドリームオン(鮫島 克駿騎手)
両後肢挫創のため

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第164回天皇賞(秋)(GⅠ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

エフフォーリア 成田 雄貴調教助手(鹿戸 雄一厩舎)

審査委員

松山 康久氏(元JRA調教師)

  • 受賞者 成田 雄貴調教助手のコメント

    ベストターンドアウト賞を受賞できたことは光栄です。普段から行っていることが評価されて嬉しいです。ありがとうございました。


第4回阪神第8日(10月31日(日曜))

服部 利之調教師 JRA通算200勝達成!

12Rで、12番シゲルホサヤク(高倉 稜騎手)が第1着となり、服部 利之調教師(栗東)は現役109人目のJRA通算200勝を達成しました。

  • コメント

    開業して以来、馬主の方々、ファンの皆様、厩舎のスタッフを始め、多くの方々に支えていただいたおかげです。お世話になった全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。今後も次に向かってまた頑張っていきたいです。


第5回新潟第8日(10月31日(日曜))

競走中疾病

12R

7番 プリモダヴィンチ(黛 弘人騎手)
競走中に左第1指骨剥離骨折を発症(11月5日(金曜)追記)

第5回新潟競馬リーディングジョッキーは、菅原 明良騎手!

菅原 明良騎手(美浦:高木 登厩舎所属)は、第5回新潟競馬で10勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。

  • コメント

    リーディングを獲ることができたのは、力のある馬に乗せていただいたおかげだと思います。厩舎関係者や馬主の皆様、またいつも頑張ってくれている馬たちには感謝の気持ちしかありません。新潟競馬場だけでなく、どの競馬場でも良い競馬をして、良い成績を残せるようにこれからも日々努力をしていきたいと思います。

【第5回新潟競馬リーディングジョッキー順位】
1位 菅原 明良騎手 (10勝、2着 5回、3着 2回)
2位 亀田 温心騎手 (8勝、2着 7回、3着 4回)
3位 鮫島 克駿騎手 (5勝、2着 6回、3着 2回)
ページトップへ戻る
表示モード: