JRAニュース

2021年7月4日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(7月4日(日曜))

第1回福島第2日(7月4日(日曜))

競走中止

2R

10番 テイエムボルドー(武藤 雅騎手)
疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止
馬:左後肢跛行
騎手:異状なし


第3回小倉第2日(7月4日(日曜))

競走中止

3R

11番 タマモバニラ(☆富田 暁騎手)
スタート直後につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

競走中疾病

2R

4番 ゲノム(西村 淳也騎手)
競走中に鼻出血を発症

制裁

6R

3番セイウンケルン(和田 竜二騎手)は、4コーナーで外側に斜行したため、10番ベヴィアーモ(福永 祐一騎手)が外側に振られ、その後方を走行していた5番ニホンピロポート(田中 健騎手)が10番ベヴィアーモに触れてつまずきました。
この件について、和田 竜二騎手は7月17日(土曜)から7月25日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

3歳以上 芝1,200メートルの中央競馬レコードタイム更新!

11Rで、3番ファストフォース(鮫島 克駿騎手)は、1分06秒0のタイムで勝利し、3歳以上 芝1,200メートルの中央競馬レコードタイムを更新しました。
従来のレコードタイムは、2021年7月3日(土曜)(第3回小倉第1日)の10Rでプリモダルクが記録した1分06秒4でした。

サマースプリントシリーズ 第2戦


第1回函館第2日(7月4日(日曜))

C.ルメール騎手 JRA年間100勝達成!

11Rで、1番サトノエルドールに騎乗し第1着となったC.ルメール騎手(栗東:フリー)は、7年連続7回目のJRA年間100勝を達成しました。
なお、7月4日(日曜)でのJRA年間100勝到達はC.ルメール騎手の自身最速での記録達成となりました。

  • コメント

    まずは100勝を達成することができて嬉しいです。今年は早いペースで勝利出来ていたので、早めに達成することが出来て良かったです。一部ですが競馬場にファンが戻ってきて嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします。

ページトップへ戻る
表示モード: