JRAニュース

2021年6月20日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(6月20日(日曜))

第3回東京第6日(6月20日(日曜))

競走中止

1R

10番 アポロアベリア(五十嵐 雄祐騎手)
疾病を発症したため2コーナーで競走を中止
馬:左前肢跛行
騎手:異状なし

11R

13番 ピンクカメハメハ(北村 宏司騎手)
疾病を発症し、向正面で転倒したため競走を中止
馬:急性心不全(死亡)
騎手:府中市内の病院へ搬送(右足骨折)

競走中疾病

9R

3番 ライル(石川 裕紀人騎手)
競走中に鼻出血を発症

萱野 浩二調教師 JRA通算300勝達成!

2Rで、5番コトブキアルニラム(三浦 皇成騎手)が第1着となり、萱野 浩二調教師(美浦)は現役65人目のJRA通算300勝を達成しました。

  • コメント

    オーナーはじめ、全ての関係者の方々に感謝いたします。次の1勝に向けて、夢中で頑張っていきます。


第3回阪神第2日(6月20日(日曜))

競走除外

12R

8番 ウンダモシタン(岩田 康誠騎手)
馬場入場後に急性心不全を発症したため(死亡)

競走中疾病

3R

7番 マシマシナッチャン(鮫島 良太騎手)
競走中に鼻出血を発症

12R

10番 ヒルノアマランテ(横山 典弘騎手)
競走中に右第3中手骨々折を発症(6月25日(金曜)追記)


第1回札幌第4日(6月20日(日曜))

競走除外

11R

15番 カワキタアジン(泉谷 楓真騎手)
馬場入場時に、右後肢挫創を発症したため

競走中疾病

11R

1番 ニシノドレッシー(勝浦 正樹騎手)
競走中に右前浅屈腱不全断裂を発症

松永 幹夫調教師 JRA通算400勝達成!

5Rで、16番グランアプロウソ(武 豊騎手)が第1着となり、松永 幹夫調教師(栗東)は現役42人目のJRA通算400勝を達成しました。

  • コメント

    ここまで順調に来られたのも、馬主様、牧場関係者の皆様、そして日ごろから頑張ってくれている厩舎スタッフのおかげです。これからも、ファンの皆さまに応援していただけるような馬を育てていきたいです。

ページトップへ戻る
表示モード: