JRAニュース

2021年6月19日

  • その他

企画展「やまさき拓味『優駿の門2020馬術』原画展」を開催 【根岸競馬記念公苑 馬の博物館】

公益財団法人 馬事文化財団が運営する根岸競馬記念公苑「馬の博物館」(横浜・根岸)では、6月26日(土曜)より、企画展「やまさき拓味『優駿の門2020馬術』原画展」を開催いたします。
『優駿の門2020馬術』は、東京オリンピックを目指す元競走馬の『第二の馬生』を描いた作品で、日本中央競馬会のホームページから、最新話までご覧になることができます。本展では、迫力ある筆致で描かれた同作品の原画を二期に分けて紹介いたします。

会期

6月26日(土曜)から9月5日(日曜)

主な展示資料

『優駿の門2020馬術』
第1巻 表紙
©やまさき拓味/秋田書店
『優駿の門2020馬術』
第17話 314ページ
©やまさき拓味/秋田書店 2021

同時開催

特別展「サムライアーマー」

詳細は公益財団法人 馬事文化財団のホームページをご覧ください。

ページトップへ戻る
表示モード: