JRAニュース

2021年5月13日

  • レース・馬・騎手など

2021プリークネスステークス(G1) 日本馬の近況(5月12日(水曜))

現地時間5月15日(土曜)にアメリカ合衆国のピムリコ競馬場で行われるプリークネスステークス(G1)に出走予定のフランスゴデイナ(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。

プリークネスステークス(G1)(ダート・1,900メートル)

フランスゴデイナ(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)

本日(現地時間5月12日(水曜))の調教状況

ピムリコ競馬場
メイントラック(ダートコース) 単走4ハロンの追い切り 49.40(4F)
高野 正貴調教助手騎乗

  • 森 秀行調教師のコメント

    追い切り後に高野助手がバランスを崩し落馬してしまいましたが、人馬とも異状はなく、レースへの影響はないと思います。とても良い調教が出来たので、土曜日のプリークネスステークスに良い状態で向かっていけそうです。今後は金曜日にゲートのスクーリングを予定しています。枠番についても、砂の被らない外枠なので、良い枠を引いたと思います。

  • 注記:
    調教時計は主催者発表のもの

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: