JRAニュース

2021年5月11日

  • レース・馬・騎手など

2021プリークネスステークス(G1)に出走予定のフランスゴデイナがアメリカに到着

現地時間5月15日(土曜)にアメリカ合衆国のピムリコ競馬場で行われるプリークネスステークス(G1)に出走予定のフランスゴデイナ(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)は、ピムリコ競馬場に到着しましたのでお知らせいたします。

出発・到着時刻

成田国際空港発 日本時間 5月5日(水曜)10時46分
ロサンゼルス国際空港着 現地時間 5月5日(水曜)4時36分(日本時間 20時36分)
注記:ロサンゼルス国際空港で検疫
ロサンゼルス国際空港発 現地時間 5月8日(土曜)8時06分(日本時間 5月9日(日曜)0時06分)
ニューアーク国際空港着 現地時間 5月8日(土曜)15時21分(日本時間 5月9日(日曜)4時21分)
注記:馬運車でピムリコ競馬場へ
ピムリコ競馬場着 現地時間 5月8日(土曜)19時40分(日本時間 5月9日(日曜)8時40分)

プリークネスステークス(G1)(ダート・1,900メートル)

フランスゴデイナ(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)

  • 高野 正貴調教助手のコメント

    日本でも牧場や美浦でしっかり調教することができましたし、(乗継地となった)ロサンゼルスに到着した際も、飼葉をよく食べていて状態に問題はありませんでした。そのあたりは、ドバイ遠征の経験が活きたのかなと思っています。ピムリコ競馬場到着後も、飼食いが落ちることもなく馬の様子も変わりないので、レースまで約1週間ですが、コンディションを維持してレースに臨めればと思います。

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: