JRAニュース

2021年4月9日

  • その他

春季特別展「馬(馬具)に由来する種目と馬術競技」を開催 【根岸競馬記念公苑 馬の博物館】

公益財団法人 馬事文化財団が運営する根岸競馬記念公苑「馬の博物館」(横浜・根岸)では、4月24日(土曜)より、春季特別展「友(ウマ)とともに…平和の祭典!!馬(馬具)に由来する種目と馬術競技」を開催いたします。
本展では、オリンピック・パラリンピックで実施される馬と関係する競技をとり上げて紹介します。「馬術競技」はもちろん、馬(馬具)がルーツとなる体操種目別「あん馬」と「跳馬」、そして飛越障害競技が含まれる「近代五種競技」に焦点をあてます。人馬一体となって争われるこれらの競技の魅力をぜひお楽しみください。

会期

4月24日(土曜)から6月20日(日曜)

主な展示資料

絵葉書
「西竹一選手とウラヌス号飛越シーン」
馬の博物館蔵
切手「ヤーンと初期のあん馬練習」
(1978年7月18日・旧東ドイツ発行)
馬の博物館蔵

併設展示

東京2020組織委員会ブース

詳細は公益財団法人 馬事文化財団のホームページをご覧ください。

ページトップへ戻る
表示モード: