JRAニュース

2021年3月28日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(3月28日(日曜))

第3回中山第2日(3月28日(日曜))

競走中止

1R

1番 メンズオーバー(▲小林 凌大騎手)
疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止
馬:左前肢跛行
騎手:異状なし

4R

4番 ブリリアントリリー(伴 啓太騎手)
1周目5号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:鼻出血
騎手:異状なし

11R

16番 ベストタッチダウン(北村 宏司騎手)
疾病を発症し、最後の直線コースで転倒したため競走を中止
馬:急性心不全(死亡)
騎手:異状なし

競走中疾病

2R

3番 ゴーフォーゴールド(勝浦 正樹騎手)
競走中に鼻出血を発症


第2回阪神第2日(3月28日(日曜))

競走中止

2R

8番 ゴースルーザルーフ(加藤 祥太騎手)
疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止
馬:左第3中手骨開放骨折(予後不良)
騎手:異状なし

8R

9番 バトルピアサー(川島 信二騎手)
疾病を発症したため、向正面で競走を中止
馬:左後肢跛行
騎手:異状なし


第2回中京第6日(3月28日(日曜))

競走中止

9R

4番 アドマイヤハレー(池添 謙一騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:心房細動
騎手:異状なし

競走中止・制裁

8R

6番ディーププリモ(★古川 奈穂騎手)は、内側に斜行した2番ユウヒノプリンス(△山田 敬士騎手)に触れてつまずき、騎手が落馬したため、最後の直線コースで競走を中止しました。
馬:異状なし
騎手:異状なし

この件について、山田 敬士騎手は、4月10日(土曜)から4月18日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

競走中疾病

11R

3番 ライトオンキュー(横山 典弘騎手)
競走中に鼻出血を発症

制裁

7R

5番タイセイモンストル(★古川 奈穂騎手)は、決勝線手前で外側に斜行し、7番ダノンレガーロ(川田 将雅騎手)の進路が狭くなりました。
また、13番シトラスクーラー(▲秋山 稔樹騎手)は、決勝線手前で内側に斜行し、4番ウインエアフォルク(★永島 まなみ騎手)および7番ダノンレガーロ(川田 将雅騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、秋山 稔樹騎手は、4月10日(土曜)から年4月11日(日曜)まで2日間の騎乗停止となりました。

畑端 省吾調教師 JRA初勝利!

畑端 省吾調教師(栗東)は、6Rで4番ゴーゴーレイワ(幸 英明騎手)が第1着となり、JRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    思ったより冷静にレースを見ることができました。厩舎スタッフが調教に上手く乗ってくれたおかげで、良い状態でレースに臨めました。これからも厩舎スタッフと連携しながら、よく馬を観察し、能力を発揮できるよう頑張っていきます。

川田 将雅騎手 JRA重賞レース100勝!

川田 将雅騎手(栗東:フリー)は11R「高松宮記念(GⅠ)」で14番ダノンスマッシュに騎乗し第1着となり、史上9人目・現役5人目となるJRA重賞レース100勝を達成しました。

  • コメント

    多くの重賞を勝たせていただけたことを、本当にありがたく思います。また、勝利を積み重ねるにあたり、多くの騎乗機会を与えてくださった関係者に感謝の気持ちでいっぱいです。勝ち切ることのできなかったレースも多くあります。今後は、そうしたレースを一つでも多く勝ち切れるよう、そしてファンの皆様の期待に応えられるよう頑張りたいです。また重賞100勝目を、GⅠという大きな舞台、そして師匠である安田先生、お世話になっているダノックスの馬で迎えられたことがとても感慨深いです。

ページトップへ戻る
表示モード: