JRAニュース

2021年3月13日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(3月13日(土曜))

今日の出来事

第2回中山第5日(3月13日(土曜))

競走中疾病

8R

4番 アルカウン(▲原 優介騎手)
競走中に鼻出血を発症(3月14日(日曜)追記)

明日の取消・変更等

第2回中山第6日(3月14日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


今日の出来事

第1回阪神第9日(3月13日(土曜))

競走中疾病

2R

3番 メイショウダフト(▲小沢 大仁騎手)
競走中に右第1指骨遠位前面剥離骨折を発症(3月19日(金曜)追記)

4R

3番 ヤマニンラッセル(岡田 祥嗣騎手)
競走中に右橈骨遠位端骨折を発症(3月19日(金曜)追記)

10R

4番 ワイドソロモン(鮫島 克駿騎手)
競走中に鼻出血を発症

古川 奈穂騎手 JRA初勝利!

古川 奈穂騎手(栗東:矢作 芳人厩舎所属)は、6Rで7番バスラットレオンに騎乗しJRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    嬉しい気持ちでいっぱいです。力のある馬に乗せていただけて、矢作先生、厩舎スタッフの皆さん、オーナーに感謝しています。レース自体は課題が多くあるので、これからもっと中身の濃いレースをしていきたいと思います。

森 一馬騎手 障害重賞全場制覇達成!

森 一馬騎手(栗東:松永 昌博厩舎所属)は第23回阪神スプリングジャンプ(J・GⅡ)で4番メイショウダッサイに騎乗して1着となり、現在障害重賞が実施されている6競馬場全てで勝利したこととなり、障害重賞全場制覇を達成しました。
これは、新潟・小倉競馬場で障害重賞が行われるようになった1999年以降、高田 潤騎手に次いで2人目の記録となります。

  • 注記:
    中京では、通常、障害重賞を実施しておらず、記録には含めない。
  • コメント

    チャンスのある馬に乗せていただいたおかげで達成できた記録だと思っています。引き続きこれからも1頭1頭大切に乗っていきたいと思います。

明日の取消・変更等

第1回阪神第10日(3月14日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


今日の出来事

第2回中京第1日(3月13日(土曜))

競走中疾病

2R

5番 ラブエターナル(菊沢 一樹騎手)
競走中に右手根骨粉砕骨折を発症(予後不良)

松本 大輝騎手 JRA初勝利!

松本 大輝騎手(栗東:森 秀行厩舎所属)は、6Rで9番ヴァルキュリアに騎乗しJRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    ゲートを上手に出してあげることが出来ず、外、外を回ってくる格好悪いレースとなってしまいましたが、馬の力で勝たせてもらうことが出来ました。もっと技術を磨かなければということを実感させられるレースでした。こんな自分に騎乗を依頼してくれた馬主さん、大久保先生に感謝しています。この次は所属する森厩舎の馬でも結果を出したいです。これからもっと上手くなりますので、応援よろしくお願いします。

ハーツクライ産駒 JRA通算1,200勝達成!

12Rで、2番プリマヴィスタ(吉田 隼人騎手)が1着となり、ハーツクライ産駒のJRA通算勝利数が1,200勝となりました。
これは、JRA史上12頭目の記録となります。

明日の取消・変更等

第2回中京第2日(3月14日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)

ページトップへ戻る
表示モード: