JRAニュース

2021年3月9日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ネオユニヴァースが死亡

2003年に皐月賞と東京優駿を制し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬を受賞、現役引退後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーション、北海道新ひだか町のレックススタッドにて種牡馬として供用されたネオユニヴァース(牡・21歳)は、種付け中の事故のため、昨日(3月8日(月曜))、死亡したとの連絡がありましたのでお知らせいたします。

  • 社台ファーム 代表 吉田 照哉氏のコメント

    先月、レックススタッドで種牡馬展示会の際に元気な姿を見たばかりだったので、突然の知らせに驚いています。現役時7勝、その全てが僅差での決着でしたが、見ていて不安になったことはなく、むしろネオユニヴァースの勝負根性に安心感すら覚えていました。ミルコさんとのコンビでのクラシック参戦により、競馬サークル全体における外国人騎手短期免許のあり方、外国人騎手に対する認識そのものを大きく変えてくれる契機になった馬でもあったと思います。3歳時に宝塚記念にチャレンジしたのも良い思い出です。種牡馬としてもクラシックウィナーを輩出し、今では孫の世代まで芝ダート問わず活躍馬を輩出。これほど現役時戦績と種牡馬戦績のレベルが高い馬はそうはいません。自慢の生産馬でした。突然の別れはつらいですが、ここまで本当に頑張ってくれました。どうか安らかに眠って欲しいと思います。現役時にご声援を送ってくださったファンの皆様、配合種牡馬として選んでくださった生産者の皆様、長きに渡り応援していただきまして、ありがとうございました。感謝申し上げます。

ネオユニヴァース

生年月日

2000年5月21日

毛色

鹿毛

産地

北海道千歳市

血統

父 サンデーサイレンス

母 ポインテッドパス

母父 Kris

母母 Silken Way

競走成績

13戦7勝

主な重賞勝鞍

2003年 皐月賞(GⅠ)
2003年 東京優駿(GⅠ)

総獲得賞金(本賞金+付加賞)

613,376,000円

馬主

有限会社 社台レースホース

調教師

瀬戸口 勉(栗東)

ネオユニヴァース
2003年 東京優駿(GⅠ)
ページトップへ戻る
表示モード: