JRAニュース

2021年3月2日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ジャングルポケットが死亡

2001年に東京優駿とジャパンカップを制し、同年のJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬を受賞、現役引退後は北海道沙流郡日高町のブリーダーズスタリオンステーションにおいて種牡馬として供用され、種牡馬引退後も同所にて繋養されていたジャングルポケット(牡・23歳)は、本日(3月2日(火曜))死亡したとの連絡がありましたのでお知らせいたします。

  • 株式会社サラブレッドブリーダーズクラブ 事務局 遠藤 幹氏のコメント

    昨年秋から体調を崩し治療にあたっておりましたが、残念ながら力尽き今朝死亡しました。昨年暮れに種牡馬を引退しましたが、現場スタッフからもかわいがられておりましたので、もう少し長生きしてほしかったというのが正直な気持ちです。現役時代の活躍も、種牡馬として数多くの名馬を輩出した実績も、本当に素晴らしいものでした。安らかに眠ってほしいと思います。

ジャングルポケット

生年月日

1998年5月7日

毛色

鹿毛

産地

北海道早来町

血統

父 トニービン

母 ダンスチャーマー

母父 Nureyev

母母 Skillful Joy

競走成績

13戦5勝

主な重賞勝鞍

2001年 東京優駿(GⅠ)
2001年 ジャパンカップ(GⅠ)

総獲得賞金(本賞金+付加賞)

704,258,000円

馬主

吉田 勝己氏

調教師

渡辺 栄(栗東)

ジャングルポケット
2001年 東京優駿(GⅠ)
ページトップへ戻る
表示モード: