JRAニュース

2020年10月27日

  • レース・馬・騎手など

ジャスパープリンスおよびピンシャンがアメリカ合衆国に到着

アメリカ合衆国に遠征し出走を予定しているジャスパープリンス(牡5歳 栗東・森 秀行厩舎)およびピンシャン(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)は、キーンランド競馬場に到着しましたのでお知らせいたします。

出発・到着時刻

成田国際空港発 日本時間 10月23日(金曜)21時58分
  • 注記:
    アンカレッジ国際空港、ダラス・フォートワース国際空港を経由
シカゴ・オヘア国際空港着 アメリカ中部時間 10月24日(土曜)4時23分(日本時間 18時23分)
アーリントンパーク競馬場発 アメリカ中部時間 10月25日(日曜)23時00分(日本時間 10月26日(月曜)13時00分)
  • 注記:
    検疫後、馬運車でキーンランド競馬場に出発
キーンランド競馬場着 アメリカ東部時間 10月26日(月曜)7時15分(日本時間 20時15分)

ジャスパープリンス(牡5歳 栗東・森 秀行厩舎)

ピンシャン(牡3歳 栗東・森 秀行厩舎)

  • 高野 正貴調教助手のコメント

    ジャスパープリンスは競馬終了後に東京競馬場から、ピンシャンは栗東からそれぞれ輸出検疫のため美浦に入厩しました。初めての場所ということもあり、最初は少し飼い食いも落ちていましたが、調教を進めるうちに状態は改善し、2頭とも良い状態で出国することができました。飛行機の中でも飼葉や水をしっかり摂取していましたし、シカゴに到着後も体温や馬体など馬の状態に異状は見られず、輸送を上手くこなしてくれたと思います。検疫を終えた後、シカゴからキーンランド競馬場までは馬運車での輸送となりました。競馬場到着後に軽い引き運動を行いましたが、馬は元気いっぱいです。今後は週末に軽めの追い切りを予定していますが、それに向けて馬体をキープできるように調整していければと思います。

ページトップへ戻る
表示モード: