JRAニュース

2020年10月19日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

令和3年度(2021年度)開催日割および重賞競走

2021年度の開催日割については、京都競馬場整備工事に伴う開催の振替を行うとともに、東京オリンピック開催への対応および暑熱対策等を踏まえ、年間を通じて多くのお客様に中央競馬をお楽しみいただけるよう設定いたします。
また、重賞競走については、近年競走内容が充実している東京スポーツ杯2歳ステークスのGⅡ競走格上げおよび葵ステークスのGⅢ競走格付けを日本グレード格付管理委員会に申請するほか、開催日割の変更に伴い配置を整備いたします。
なお、重賞競走の賞金額、競馬番組上のルールの変更点、リステッド競走一覧、その他競馬番組に関する取り組み等については、11月中旬頃に改めて発表いたします。

  • 注記:
    本内容については、農林水産大臣の認可を経て正式に確定するものであることをご承知おきください。

開催日割について(開催日割表 PDF:166KB

開催日割については、より多くのお客様にご参加いただくとともに、スポーツエンターテインメントとしての一層の盛り上がりを図る観点から、以下のとおり設定いたします。

1.年初および年末の開催について

年初は、1月5日(火曜)に中山・中京競馬を開催いたします。
また、年末までお客様に中央競馬をお楽しみいただくとともに、競走馬の円滑な出走を図る観点から、12月28日(火曜)に中山・阪神競馬を開催いたします。

2.祝日を利用した開催について

年間3日の祝日を利用し、以下のとおり3日開催を実施いたします。

  • (1)
    1月9日(土曜)から11日(祝日・月曜)【成人の日】中山・中京競馬
  • (2)
    9月18日(土曜)から20日(祝日・月曜)【敬老の日】中山・中京競馬
  • (3)
    10月9日(土曜)から11日(祝日・月曜)【スポーツの日】東京・阪神・新潟競馬

表はスクロールすることができます

開催日開催競馬場
10月9日(土曜) 4回阪神1日4回新潟1日
10月10日(日曜) 4回東京1日4回阪神2日
10月11日(祝日・月曜) 4回東京2日4回新潟2日

3.京都競馬場整備工事に伴う開催の振替について

京都競馬場整備工事を行うため、平年の京都競馬を阪神および中京競馬に振り替えることといたします。
また、良好な芝馬場を維持する等の観点から、西日本地区の競馬場で一部開催を入れ替えることといたします。

なお、前年度からの変更は以下のとおりです。

(1)関西主場

(1)関西主場

(2)第3場

(2)第3場

4.夏季競馬の開催について

7月24日(土曜)から8月8日(日曜)は、東京オリンピック開催への対応および暑熱対策の観点から、函館および新潟の2場開催といたします。

5.開催日数について

競馬場毎の開催日数については、以下のとおりといたします。

  • 札幌競馬 2開催14日
  • 函館競馬 1開催12日
  • 福島競馬 3開催20日
  • 新潟競馬 4開催28日
  • 中山競馬 5開催42日
  • 東京競馬 5開催44日
  • 中京競馬 6開催45日
  • 阪神競馬 6開催53日
  • 小倉競馬 4開催30日

重賞競走について(重賞競走の主な変更点 PDF:152KB

1.東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)のGⅡ昇格申請について

ホープフルステークス(GⅠ)の前哨戦として競走内容が充実している東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)のGⅡ昇格を、日本グレード格付管理委員会に申請いたします。
なお、GⅡ昇格が承認された場合は、格付表記を変更いたします。

2.葵ステークス(重賞)のGⅢ格付申請について

3歳スプリント路線の拡充を目的に平成30年に重賞競走として新設された葵ステークス(重賞)について、近年競走内容が充実していることから、日本グレード格付管理委員会にGⅢ格付けを申請いたします。
なお、GⅢ格付けが承認された場合は、格付表記を変更いたします。

3.開催日割の変更に伴う実施日・実施場等の変更について

開催日割の変更に伴い、一部重賞競走の実施日・実施場等を変更いたします。

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: