JRAニュース

2020年10月9日

  • レース・馬・騎手など

新種牡馬ノーブルミッションの導入【日本軽種馬協会】

日本軽種馬協会は、アメリカのレーンズエンドファームにて供用中の種牡馬ノーブルミッション(2009年生 11歳 英国産 父ガリレオ 母カインド 母の父デインヒル(USA))を導入することとなりましたのでお知らせいたします。

ノーブルミッション
生年
2009年生 11歳
毛色
鹿毛
生産国
イギリス
現繋養地
レーンズエンドファーム(アメリカ)
主な成績
2014年欧州古馬チャンピオン
1着 英チャンピオンS(英GⅠ・芝10F)
1着 サンクルー大賞(仏GⅠ・芝2,400m)
1着 タタソールズゴールドカップ (愛GⅠ・芝10.5F)
1着 ゴードンリチャーズS(英GⅢ・芝10F)
1着 ハクスリーS(英GⅢ・芝10F)
1着 ゴードンS(英GⅢ・芝12F)
2着 ダルマイヤー大賞(独GⅠ・芝2,000m)
種牡馬成績
2015年より米国で種牡馬供用開始、初年度産駒は4歳
初年度産駒から米国ではGTトラヴァーズSなどGT・2勝のコードオブオナー、
欧州ではスパニッシュミッションが重賞2勝など早くも重賞勝馬誕生
ページトップへ戻る
表示モード: