JRAニュース

2020年8月16日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(8月16日(日曜))

第3回新潟第2日(8月16日(日曜))

高橋 義博調教師 勇退

8月20日(木曜)をもって勇退する高橋 義博調教師(美浦)は、5Rで14番キボウノヒビキ(◇藤田 菜七子騎手)が最後の出走(18着)となりました。

  • コメント

    無観客競馬という状況が続く中で、競馬サークルの方々の希望に繋がれば私がここまで続けてきた意味があると思って最後のレースに臨みました。ファンの皆様の記憶に残るような馬は少なかったかもしれませんが、管理馬の中にも特徴のある馬がいて、そういった馬を応援してくださった方々に心から感謝しております。

サマーマイルシリーズ 第3戦


第2回小倉第2日(8月16日(日曜))

出走取消

9R

18番 メメントモリ(松山 弘平騎手)
感冒のため

2歳 芝1,200メートルの中央競馬レコードタイム更新!

1Rで、10番フリード(川田 将雅騎手)は、1分07秒5のタイムで勝利し、2歳 芝1,200メートルの中央競馬レコードタイムを更新しました。従来のレコードタイムは、2001年12月16日(日曜)(第5回中山第6日)にフェアリーステークス(GⅢ)でサーガノヴェルが記録した1分07秒8でした。

安達 昭夫調教師 JRA通算300勝達成!

12Rで、7番サンキュー(北村 友一騎手)が第1着となり、安達 昭夫調教師(栗東)は現役65人目のJRA通算300勝を達成しました。

  • コメント

    300勝を達成することができたのはオーナーはじめ周りの方々のおかげで大変感謝しています。また、ここから一つひとつ頑張っていきますのでよろしくお願いします。

サマー2000シリーズ 第3戦


第2回札幌第2日(8月16日(日曜))

競走中疾病

2R

1番 スマイルフェイス(横山 武史騎手)
競走中に鼻出血を発症

6番 キイエクスプロード(▲山田 敬士騎手)
競走中に心房細動を発症

6R

2番 フィリーズラン(石川 裕紀人騎手)
競走中に心房細動を発症

ページトップへ戻る
表示モード: