JRAニュース

2020年3月15日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(3月15日(日曜))

第2回中山第6日(3月15日(日曜))

競走中疾病

7R

8番 フレスコパスト号(▲秋山 稔樹騎手)
競走中に鼻出血を発症

11R

6番 マンバー号(宮崎 北斗騎手)
競走中に心房細動を発症

秋山 稔樹騎手 JRA初勝利!

秋山 稔樹騎手(美浦:蛯名 利弘厩舎所属)は、1Rで11番ラブエスポー号に騎乗しJRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    ゴールを過ぎてから戻ってくるまで実感が湧きませんでしたが、色々な方に「おめでとう」と言われて初めて実感が湧き、今はとてもほっとしています。(自分の)デビュー戦で騎乗した馬に続けて騎乗させていただいたため、馬の癖なども知っていましたし、馬の力を信じて騎乗しました。まだまだ未熟で、力のある馬に騎乗させていただかなければ良い結果を残せませんでしたが、技術を磨いて一つでも上の着順を目指せるよう頑張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。

水野 貴広調教師 JRA通算200勝達成!

5Rで、8番ヒューマンコメディ号(武藤 雅騎手)が第1着となり、水野 貴広調教師(美浦)は現役106人目のJRA通算200勝を達成しました。

  • コメント

    200勝達成までに少し時間はかかりましたが、無事達成できたことは馬主や厩舎関係者のおかげで、感謝しています。また次の1勝を目指して頑張ります。


第1回阪神第6日(3月15日(日曜))

出走取消

7R

4番 エアファンディタ号(藤岡 佑介騎手)
右前肢フレグモーネのため

競走中疾病

11R

14番 アヌラーダプラ号(三浦 皇成騎手)
競走中に鼻出血を発症

古川 吉洋騎手 JRA通算500勝達成!

2Rで、14番オカリナ号に騎乗し第1着となった古川 吉洋騎手(栗東:フリー)は、史上100人目・現役37人目のJRA通算500勝を達成しました。

  • コメント

    達成できて素直にうれしいです。コツコツとやってきた結果で、人によって早い遅いはあるでしょうけど、自分なりにはよくできているなと思います。これからも周りの方への感謝の気持ちを忘れず、ひとつひとつ大事に乗っていきたいと思います。
    (テレビ等の画面で観戦するお客様に)一日でも早く競馬場に来ていただけるようジョッキー一同、願っています。これからもがんばりますので応援よろしくお願いいたします。


第1回中京第6日(3月15日(日曜))

吉田 隼人騎手 JRA通算11,000回騎乗達成!

2Rで、2番イヒラニ号に騎乗した吉田 隼人騎手(美浦:フリー)は、史上33人目・現役20人目のJRA通算11,000回騎乗を達成しました。

吉岡 辰弥調教師 JRA初勝利!

吉岡 辰弥調教師(栗東)は、6Rで13番トゥインクルリーフ号(C.ルメール騎手)が第1着となり、JRA初勝利を挙げました。
なお、JRA初出走・初勝利を挙げた調教師は、2019年の石坂 公一調教師(栗東)以来で、1954年のJRA設立以降27人目、現役では9人目のこととなります。

  • コメント

    チャンスのある馬を預けていただいたオーナーサイドと良い状態で引継ぎをしていただいた山内元調教師に感謝しています。スタッフもこの一戦に向けてすごい熱量で取り組んでくれました。厩舎も盛り上がると思いますし、次の1勝に向けて頑張ります。

ページトップへ戻る
表示モード: