今週の注目レース

夕刊フジ賞オーシャンステークス(GⅢ)

中山競馬場 1200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析

本番で穴をあける馬が続出している高松宮記念の前哨戦

2022年の高松宮記念は単勝3番人気以内の馬がそろって4着以下に敗れ、勝利を収めたのは8番人気のナランフレグだった。さらに17番人気のキルロードが3着に入り、3連単278万円超の大波乱となった。この2頭がステップにしていたのがオーシャンSで、今年も本番に向けて見逃せない一戦となりそうだ。今回は過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探っていく。

前走スプリンターズS組とシルクロードS組が好成績

過去10年の前走別成績を調べると、海外G1組は2020年優勝のダノンスマッシュをはじめ出走した3頭中2頭が3着以内に入っていた。JRA・GⅠ組は勝ち切れていないものの、スプリンターズSから臨んだ馬は〔0・1・2・3〕と半数が馬券に絡んでいる。3着以内馬の頭数が最も多いのはGⅢ組で、その中でもシルクロードS組が3着以内馬延べ13頭中8頭を占めている。特に、シルクロードSが中京競馬場で行われたここ2年は〔2・1・1・3〕(3着内率57.1%)と半数以上が3着以内に入っている。今年もこれらの臨戦過程の馬には注目しておくべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 0-1-2-5 0% 12.5% 37.5%
GⅡ 0-1-0-10 0% 9.1% 9.1%
GⅢ 3-6-4-48 4.9% 14.8% 21.3%
オープン特別 5-2-2-47 8.9% 12.5% 16.1%
3勝クラス 1-0-1-13 6.7% 6.7% 13.3%
海外G1 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
その他 0-0-0-5 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

なお、前走がオープン特別だった馬は全体の成績こそ目立たないが、そこで連対していた馬に限れば表のとおり3着内率が33.3%にアップする。中でも、前走が中山・芝1200メートルのラピスラズリSもしくはカーバンクルS、かつそこで連対していた馬は〔4・1・0・8〕と勝率(30.8%)が高くなっている。〔表2〕

〔表2〕前走がオープン特別だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 5-2-0-14 23.8% 33.3% 33.3%
3着以下 0-0-2-33 0% 0% 5.7%

中山・芝1200メートルのオープン実績をチェック

前走が中山・芝1200メートルのオープン特別だった馬が活躍していることを踏まえ、この舞台での実績について調べてみた。すると、過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭には、中山・芝1200メートルで行われたオープンクラスのレースで3着以内に入った経験があった。また、この経験を持っていた馬が単勝2番人気以内に支持された場合、〔5・4・1・2〕(3着内率83.3%)と3着内率が非常に高くなっている。コース実績のある上位人気馬は信頼できるとみてよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕中山・芝1200メートルで行われたオープンクラスのレースで3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-7-5-46 10.8% 21.5% 29.2%
なし 3-3-5-83 3.2% 6.4% 11.7%

馬体重の重い馬に注目

過去10年の馬体重別成績を見ていくと、馬体重が重い馬ほど3着内率が高くなっている。520キログラム以上の馬は優勝こそないものの、延べ12頭中8頭が3着以内に入り、3着内率は66.7%となっている。ちなみに、過去10年の当レースでは単勝6番人気以下の馬が延べ9頭馬券に絡んだが、そのうち7頭は馬体重が500キログラム以上だった。伏兵を狙うのであれば大型馬に注目してみるのも面白そうだ。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
439kg以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
440kg〜459kg 0-1-0-14 0% 6.7% 6.7%
460kg〜479kg 2-0-2-35 5.1% 5.1% 10.3%
480kg〜499kg 5-3-0-40 10.4% 16.7% 16.7%
500kg〜519kg 3-2-4-27 8.3% 13.9% 25.0%
520kg以上 0-4-4-4 0% 33.3% 66.7%

ご注意 「今週の注目レース」ページの情報は、特別レース登録馬や過去のレース結果に基づいて制作しております。JRAが特定の競走馬を応援、推奨するものではありません。出走取りやめ、出走取消などにより、掲載した競走馬がレースに出走しないことがあります。

ページトップへ戻る
表示モード: