今週の注目レース

根岸ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

レモンポップ

牡5歳

調教師:田中博康(美浦)

  • 父:Lemon Drop Kid
  • 母:Unreachable
  • 母の父:Giant's Causeway
ここに注目!

前々走のオープン特別・ペルセウスSまで東京・ダート1400メートルで4連勝。勇躍臨んだ武蔵野Sは2着に敗れたが、それでも勝ち馬ギルデッドミラーとはハナ差だった。リフレッシュを経て、今度は得意の1400メートル。重賞初制覇の好機だ。

新馬戦に続きオープン特別・カトレアS(東京・ダート1600メートル)も勝利。その時点で同開催の3勝クラスを上回る時計をマークしており、将来を大いに嘱望されたが、脚部不安で約1年の休養を余儀なくされた。復帰後に3勝目を挙げてからはオープン特別・ペルセウスSまで4連勝。勢いと素質を買われて前走の武蔵野Sは1番人気での出走となった。レースは逃げ馬を見る形での正攻法。直線後半で先頭に立って押し切りを図ったものの、ゴール前でギルデッドミラーの末脚に屈しての2着だった。ただ、中1週での臨戦だったことを思えば、“負けてなお強し”の競馬と言える。4連勝した舞台に戻って決めたいところだ。

テイエムサウスダン

牡6歳

調教師:蛯名正義(美浦)

  • 父:サウスヴィグラス
  • 母:ムービングアウト
  • 母の父:Langfuhr
ここに注目!

昨年の本レース勝ち馬。続くフェブラリーSでも2着と好走した。その後もかしわ記念(JpnⅠ・船橋・ダート1600メートル)3着などダートの一線級として確固たる地位を確立。前走は外枠も影響したのか7着に敗れたが、ここを連覇してさらなる飛躍を狙う。

地力強化を明確に感じさせたのが昨年の根岸SとフェブラリーS。根岸Sは中団追走から鮮やかな直線一気。その根岸Sを快勝して挑んだフェブラリーSは一転、抜群のスタートから逃げの手に出た。結果、勝ったカフェファラオに突き放されはしたものの、それ以外の馬には先着を許さず2着に入り、マイルも問題なくこなせることを示す結果となった。その後は地方交流重賞を転戦して3着、2着,7着。前走のJBCスプリント(JpnⅠ・盛岡・ダート1200メートル、7着)こそ崩れたが、外枠に加えて今の本馬にとっては距離も短かったようだ。得意舞台であらためて力を示したい。

バトルクライ

牡4歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:イスラボニータ
  • 母:ディアコメット
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走のすばるS(リステッド・中京・ダート1400メートル)でオープンクラス初勝利を挙げた。昨年のユニコーンSで3着など、素質の高さは既に示していた馬。1400メートルで勝てたことも今回につながりそうだ。勢い十分に重賞タイトル奪取に挑む。

ダート起用後は〔5・1・2・1〕の成績。オープンクラス初挑戦のオープン特別・端午S(阪神・ダート1400メートル)は6着だったが、それ以外は安定。まったく底を見せていない。とりわけ力を感じたのが昨年6月のユニコーンS。スタート直後につまずいたことに加え、直線では内を突いて進路を失う場面。最後は馬群を突いて伸びての3着だったが、ゴール前の勢いは一番に見えた。スムーズな競馬ができていればもっとやれていたはずで、自己条件からの再出発となった昨秋からの活躍も必然と言えるのではないか。今回は相手こそ強くなるが、見劣りする印象は一切ない。好勝負になりそうだ。

ギルデッドミラー

牝6歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:タイタンクイーン
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

初ダートのオープン特別・NST賞(新潟・ダート1200メートル)でいきなり勝利。前走の武蔵野Sは直線で鋭く伸びてレモンポップ(2着)以下を差し切った。新星誕生と表現できるほどの躍進ぶり。引き続き東京なら重賞連勝のチャンスだ。

驚いたのが、3走前に初ダートで即結果を出したオープン特別・NST賞だ。1200メートルはそれまで勝ち星を挙げたことがなかった距離。芝では伸び悩み気味で迎えた一戦だったが、確かなダート適性を見せつけて快勝した。また、ここにきての充実ぶりは父オルフェーヴルの底力と成長力の賜物とも言っていいだろう。ここ2戦はダートのマイル戦で2着、1着。ダートで1400メートルを使うのは今回が初めてだが、目下の距離に対する柔軟性をもってすれば問題ないはず。極端に後ろのポジションにならなければ、再び末脚一閃のシーンが見られそうだ。

セキフウ

牡4歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:シヤボナ
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ・園田・ダート1400メートル)以降は勝利こそないが、国内外を問わず能力の高さを示してきた。前走は出遅れが痛恨だったが、それでも3着。発馬が無事なら久々の勝利も見えてくる。

前走のすばるS(リステッド・中京・ダート1400メートル)は、伸び上がる格好でゲートを出て後方から。ラストは上がり3ハロン最速(推定)の脚で伸びて3着まで追い上げた。以前からスタートが不安定であることに加えて、ブリンカーとシャドーロールを併用しているように集中力にも課題は残る。ただ、それでもここまで走れているようにポテンシャルは確かなものがありそう。加えて明け4歳ながら既にサウジアラビア、UAE、韓国と海外競馬を3度も走っており、経験値の高さも強調できる。レースぶりを含めて発展途上の感は否めないが、能力をフルに発揮できれば、このメンバーでもまとめて負かす場面があって不思議はない。

デンコウリジエール

牡6歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:メイショウボーラー
  • 母:デンコウデア
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

前走のオープン特別・ギャラクシーS(阪神・ダート1400メートル)が2021年10月以来の勝利。調教で動くようになっており、状態の良化はもちろんのこと、さらに成長した印象もある。東京は2戦してともに5着だが、再上昇中の今ならそれ以上に走れていい。

昨年の前半は終いのひと伸びを欠く競馬が続いていたが、休養を経た昨年後半はレースを使うごとに競馬の内容が良化。久しぶりの勝利となった前走のオープン特別・ギャラクシーSは、中1週でも前々走からプラス2キログラムの馬体重。484キログラムは過去最高の数字だったが、それだけ体に実が入ってきたように映った。実際、レースでも直線でこれまでになかったほどの末脚を見せて差し切り勝ちを収めており、地力強化も印象づけた。使いつつ良くなるタイプだけにそれ以来の実戦となる点がどうかだが、調教はしっかりこなしている。軽視はできない。

ヘリオス

せん7歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:アンジュシュエット
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年の本レース2着の後も2着、2着、5着、2着、3着。特に前々走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ・盛岡・ダート1600メートル、2着)はハナ差の惜敗だった。勝利こそない1年だったが、舞台、距離を問わずの好走は地力強化の証。前年のリベンジを誓う。

昨年のハイライトはマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)だろう。初勝利が芝2000メートルだったように芝では中距離でも実績を残していたが、ダート転向後の勝利はすべて1400メートル以下。それを受けて戦前には距離不安の声もあったが、レースではジワッとハナを奪い、積極的な競馬に持ち込んだ。直線はフェブラリーS連覇の実績馬カフェファラオと馬体を離しての追い比べとなり、結果ハナ差で涙をのんだが、距離と地方競馬のダートをこなした点で収穫は大きかった。今回が転厩初戦となる点は気になるが、2着だった昨年以上に力をつけていることは間違いなさそう。押し切りがあっていい。

オーロラテソーロ

牡6歳

調教師:畠山吉宏(美浦)

  • 父:Malibu Moon
  • 母:For Passion
  • 母の父:Not For Love
ここに注目!

1200メートルでの実績が多数だが、前走の兵庫ゴールドT(JpnⅢ・園田・ダート1400メートル、4着)は早めに競りかけられながら最後までしぶとい走りを見せた。テンのスピードがあり、展開面でも要注目の1頭になる。

昨年の本レースは14着。最内枠でゲート内の待ち時間が長くなったこともあってか出遅れ、スピードとしぶとさを生かすこの馬の競馬ができなかった。昨年崩れたのはこの根岸Sだけで、その後は3着、2着、1着、1着、3着、4着。発馬も成績も安定している。夏にはクラスターC(JpnⅢ・盛岡・ダート1200メートル)を勝ったが、当時4着のダンシングプリンス、2着のリュウノユキナが秋のJBCスプリント(JpnⅠ)で1着、2着。クラスターCは前述2頭との斤量差があったとはいえ、これらに先着していることがダート短距離のトップクラスの証明と言えるだろう。おそらくテンの速さはメンバー最上位。すんなりハナなら1400メートルでも怖い。

(山下 健)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: