今週の注目レース

ジャパンカップ(GⅠ)

東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

各時代のチャンピオンたちが名勝負を繰り広げてきた頂上決戦

2021年のジャパンカップを制したコントレイルは、前年にJRA史上8頭目となるクラシック三冠を達成していた。また、2020年のジャパンカップを勝ったアーモンドアイは、同年の天皇賞(秋)など、前走までに国内外のGⅠで計8勝をマークしていた。ジャパンカップで優勝した日本調教馬延べ27頭中、前年以降にGⅠを勝っていなかった馬は5頭だけ。そのうち前年以降のGⅠで2着の経験もなかったのは、1994年のマーベラスクラウンと2008年のスクリーンヒーローの2頭だけである。国内外のトップホースがしのぎを削る注目の一戦を展望すべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

海外調教馬は2006年を最後に3着以内なし

過去10年の3着以内馬延べ30頭は、いずれも日本馬だった。海外調教馬で3着以内に入ったのは、2006年3着のウィジャボードが最後である。今年もまずは日本馬に注目したい。〔表1〕

〔表1〕所属別成績(過去10年)
所属 着度数 勝率 連対率 3着内率
日本 10-10-10-108 7.2% 14.5% 21.7%
海外 0-0-0-28 0% 0% 0%

5歳以下の馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中29頭は、5歳以下だった。一方、6歳以上の馬は3着内率2.1%と苦戦している。6歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
5歳以下 10-10-9-89 8.5% 16.9% 24.6%
6歳以上 0-0-1-47 0% 0% 2.1%

東京・京都のビッグレースにおける実績が重要

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“東京・京都競馬場で出走頭数が17頭以上だったGⅠ”において3着以内に入った経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率2.6%と苦戦している。まだGⅠで上位に入ったことがない馬はもちろん、東京・京都以外のGⅠでしか好走したことがない馬も、過信禁物とみるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕“東京・京都競馬場で出走頭数が17頭以上だったGⅠ”で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-10-60 11.4% 20.5% 31.8%
なし 0-2-0-76 0% 2.6% 2.6%

近走の成績も見逃せないポイント

過去10年の3着以内馬延べ30頭中29頭は、“同年4月以降に行われたJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率1.5%と苦戦している。4月以降のGⅠ・GⅡで上位に入っていない馬は強調できない。〔表4〕

〔表4〕“同年4月以降に行われたJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 10-10-9-69 10.2% 20.4% 29.6%
なし 0-0-1-67 0% 0% 1.5%

なお、過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、“同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ”において3着以内に入った経験がある馬だった。近年の傾向を重くみるならば、ここ半年あまりの成績をより重視した方がよさそうだ。〔表5〕

〔表5〕“同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ”において3着以内に入った経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 5-5-4-20 14.7% 29.4% 41.2%
なし 0-0-1-44 0% 0% 2.2%

近年は内枠優勢

過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、馬番が1番から8番だった。一方、9番から18番だった馬は3着内率2.6%と苦戦している。2016年以前は外寄りの枠に入った馬も好走していたが、近年の傾向を重くみるならば、内寄りの枠に入った馬を重視すべきだろう。〔表6〕

〔表6〕馬番別成績(過去5年)
馬番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1〜8番 5-5-4-26 12.5% 25.0% 35.0%
9〜18番 0-0-1-38 0% 0% 2.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

不安要素の少ない馬に注目

過去6年の優勝馬延べ6頭は、いずれも年齢が5歳以下、かつ“東京・京都競馬場で行われた出走頭数が17頭以上のGⅠ”における最高着順が2着以内、“同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順が3着以内、馬番が1番から5番だった。〔表1〕から〔表6〕で挙げた不安要素に引っかかっていない馬を選びたい。〔表7〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕優勝馬の年齢、“東京・京都競馬場で行われた出走頭数が17頭以上のGⅠ”における最高着順、“同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順、馬番(過去6年)
年次 優勝馬 年齢 “東京・京都競馬場で行われた出走頭数が17頭以上のGⅠ”における最高着順 “同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順 馬番
2016年 キタサンブラック 4歳 1着(天皇賞(春)ほか) 1着(天皇賞(春)) 1番
2017年 シュヴァルグラン 5歳 2着(天皇賞(春)) 2着(天皇賞(春)) 1番
2018年 アーモンドアイ 3歳 1着(秋華賞ほか) 1着(秋華賞ほか) 1番
2019年 スワーヴリチャード 5歳 2着(日本ダービー) 3着(宝塚記念) 5番
2020年 アーモンドアイ 5歳 1着(ヴィクトリアマイルほか) 1着(天皇賞(秋)ほか) 2番
2021年 コントレイル 4歳 1着(菊花賞ほか) 2着(天皇賞(秋)) 2番

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: