今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

阪神競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析

秋の大舞台へさらなる飛躍を

京都大賞典は天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念といった秋の古馬GⅠ戦線に向けた前哨戦に位置付けられている。昨年に続き舞台は阪神の芝2400メートルとなるが、ここでは京都開催を含めた過去10年の結果を分析する。

上位人気がまずまずの結果を残しているが…

過去10年の単勝人気別成績では、3着以内馬延べ30頭中15頭が3番人気以内となっているように、上位人気馬はまずまずの成績を残している。その一方で、6番人気から9番人気が1勝2着6回という結果を残している点も無視できない。中でも6番人気が〔0・4・0・6〕と、2着が4回もある点は注目に値するところだろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1-1-4-4 10.0% 20.0% 60.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
6〜9番人気 1-6-0-33 2.5% 17.5% 17.5%
10番人気以下 2-0-0-40 4.8% 4.8% 4.8%

年明けから6月までのGⅠ出走回数に注目

過去10年の出走馬について、同年の1月から6月までの期間でGⅠに出走した回数別に成績をまとめると、3着内率で2回が42.3%、1回が33.3%と、0回の11.1%を大きく上回っている。年明けから6月までにGⅠに出走していた馬を重視するのが得策だろう。〔表2〕

〔表2〕同年の年明けから6月までのGⅠ出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率 連対率 3着内率
3回 0-0-0-1 0% 0% 0%
2回 3-2-6-15 11.5% 19.2% 42.3%
1回 5-4-2-22 15.2% 27.3% 33.3%
0回 2-4-2-64 2.8% 8.3% 11.1%

前走の月も要チェック

前走の月別に成績をまとめると、前走が同年の6月だった馬が3着以内に延べ15頭入っており、3着内率は48.4%に達している。また、前走が同年の3月から6月だった馬は延べ63頭出走して3着以内が23回、7月から9月だった馬は延べ60頭が出走して3着以内が7回と、出走頭数がほとんど変わらないにもかかわらず、成績面では大きな差がついている。夏場に出走せず、ここが休養明け初戦となる馬が狙い目だろう。〔表3〕

〔表3〕前走の月別成績(過去10年)
前走の月 成績 勝率 連対率 3着内率
同年2月以前 0-0-0-9 0% 0% 0%
同年3月 0-2-1-2 0% 40.0% 60.0%
同年4月 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
同年5月 1-2-1-18 4.5% 13.6% 18.2%
同年6月 6-2-7-16 19.4% 25.8% 48.4%
同年7月 0-0-0-8 0% 0% 0%
同年8月 0-2-0-17 0% 10.5% 10.5%
同年9月 3-2-0-28 9.1% 15.2% 15.2%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近走の馬体重に注目

2015年以降の優勝馬7頭のうち6頭には、過去4走で8キログラム以上馬体重が増加していたレースがあった。2018年の勝ち馬サトノダイヤモンドだけこれに当てはまっていないが、この年は過去4走で8キログラム以上馬体重が増加したレースがあった馬が1頭も出走していなかった。今年も近走での馬体重の変動をチェックしてみるといいかもしれない。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去4走における最大増加馬体重(過去7年)
年度 優勝馬 最大増加馬体重
2015年 ラブリーデイ 4走前に8kg増
2016年 キタサンブラック 前走で12kg増
2017年 スマートレイアー 3走前に10kg増
2018年 サトノダイヤモンド 2走前に2kg増
2019年 ドレッドノータス 前走で22kg増
2020年 グローリーヴェイズ 前走で14kg増
2021年 マカヒキ 2走前に8kg増

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: