今週の注目レース

毎日王冠(GⅡ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

秋GⅠの足音が近くに聞こえる名物重賞

1950年に創設された秋の東京の名物重賞。1着馬には天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるが、マイルチャンピオンシップを目指す馬や、古馬に初挑戦する3歳馬の出走もあり、毎年のように見どころの多いレースになる。今回も過去10年の結果から好走馬の傾向を探ってみる。

1番人気が7勝と活躍

毎日王冠は複数のGⅠの前哨戦に位置付けられているためハイレベルなメンバー構成になりやすいが、過去10年で1番人気が7勝を挙げている。逆に、6番人気以下の成績は低調で2015年以降は連対していない。軸馬は上位人気馬から選ぶようにしたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 7-0-0-3 70.0% 70.0% 70.0%
2〜5番人気 2-7-6-25 5.0% 22.5% 37.5%
6番人気以下 1-3-4-68 1.3% 5.3% 10.5%

なお、単勝オッズ別成績では15.0倍あたりが分水嶺になりそう。6番人気以下や、15.0倍以上の馬は、ヒモ候補にとどめておくのが正解だろう。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
14.9倍以下 10-8-6-33 17.5% 31.6% 42.1%
15.0倍以上 0-2-4-63 0% 2.9% 8.7%

3歳馬が優勢で年齢が高いほど好走率が落ちる

過去10年の年齢別成績で最も勝率が高いのは3歳馬。特に牡牝混合GⅠで連対経験のあった3歳馬が〔4・1・0・2〕と安定感のある成績を残している。また4歳から6歳で連対した延べ14頭のうち、10頭に東京競馬場の重賞で優勝経験があった。GⅠ好走歴のある3歳馬がいるようならマーク、4歳から6歳の馬を狙うときは東京コースでの重賞実績を参考にしたい。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 4-2-0-11 23.5% 35.3% 35.3%
4歳 3-2-5-19 10.3% 17.2% 34.5%
5歳 2-3-3-25 6.1% 15.2% 24.2%
6歳 1-3-1-19 4.2% 16.7% 20.8%
7歳以上 0-0-1-22 0% 0% 4.3%

重賞以外から臨む馬は厳しい

過去10年の3着以内馬延べ30頭中、29頭は前走が重賞(海外含む)だった。前走がオープン特別だった馬や、3勝クラスからの昇級初戦となる馬は厳しそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRA重賞 9-10-9-84 8.0% 17.0% 25.0%
海外重賞 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
重賞以外 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
地方競馬 0-0-0-1 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

春・夏の東京競馬場の重賞での成績に注目

前走が重賞だった馬が有力なのはすでに述べたとおり。さらに優勝馬に限定すると、春もしくは夏の東京開催の重賞で上位人気に応えて好走し、満を持して秋初戦に挑む馬の勝率が高い。具体的に言うと、過去10年の優勝馬10頭のうち7頭は、前走が春もしくは夏の東京開催の重賞で、そこで5番人気以内に支持されて3着以内に入っていた。その他の臨戦過程の馬の優勝もあるが、現在はこれに当てはまる馬が4連勝中となっている。〔表5〕

(姫園 淀仁)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の前走の単勝人気・着順(過去10年)
年度 優勝馬 前走 前走人気 前走着順
2012年 カレンブラックヒル NHKマイルC 1番人気 1着
2013年 エイシンフラッシュ QEⅡ世C 3着
2014年 エアソミュール 札幌記念 5番人気 5着
2015年 エイシンヒカリ エプソムC 2番人気 1着
2016年 ルージュバック エプソムC 1番人気 1着
2017年 リアルスティール 中山記念 2番人気 8着
2018年 アエロリット 安田記念 5番人気 2着
2019年 ダノンキングリー 日本ダービー 3番人気 2着
2020年 サリオス 日本ダービー 2番人気 2着
2021年 シュネルマイスター 安田記念 4番人気 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: