今週の注目レース

スプリンターズステークス(GⅠ)

中山競馬場 1200メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

データ分析

秋のGⅠシーズン到来を告げる短距離王決定戦

過去10年の優勝馬には、スプリンターズS連覇に加え香港スプリントも連覇したロードカナロアや、高松宮記念との同一年春秋スプリントGⅠ制覇を果たしたファインニードル、さらには芝1600メートル以下でGⅠ・6勝を挙げたグランアレグリアなど、短距離で名をはせた名馬がズラリと並ぶ。現役屈指のスピード馬が覇を競う一戦の特徴を探るべく、新潟競馬場で行われた2014年も含めた過去10年の結果を分析する。

上位人気馬が強い

過去10年の単勝人気別成績を調べると、新潟開催の2014年は13番人気のスノードラゴンが優勝したものの、中山開催時の優勝馬延べ9頭はいずれも3番人気以内に支持されていた。また、2着馬も7頭が3番人気以内と、2着までを上位人気馬が占めることが多くなっている。一方で、3着は8頭が6番人気以下と、下位人気馬が食い込むケースが目立つ。3着までが払い戻しの対象となる馬券を予想する際は、この傾向を念頭に置いて組み立てた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-1-1-3 50.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2-4-0-4 20.0% 60.0% 60.0%
3番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
4番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
5番人気 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
6番人気〜9番人気 0-0-4-36 0% 0% 10.0%
10番人気以下 1-2-4-64 1.4% 4.2% 9.9%

セントウルSの上位馬に注目

過去10年の前走別成績を見ていくと、3着以内馬の頭数は出走数も最多のセントウルS組が延べ13頭と最も多い。特に同レースで2着以内だった馬が5勝2着4回と好成績で、ここ4年に限れば〔3・3・0・2〕(連対率75.0%)と活躍が顕著なのは見逃せない。また、安田記念組も2017年レッドファルクス、2020年グランアレグリアが優勝と近年は侮れないローテーションとなっている。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
安田記念 2-1-0-6 22.2% 33.3% 33.3%
ヴィクトリアマイル 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
高松宮記念 0-1-0-0 0% 100% 100%
セントウルS 6-5-2-43 10.7% 19.6% 23.2%
キーンランドC 1-0-5-37 2.3% 2.3% 14.0%
CBC賞 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
北九州記念 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%
函館スプリントS 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
オープン特別 0-0-2-3 0% 0% 40.0%
その他 0-0-0-17 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

同年のJRA重賞優勝馬が活躍

過去10年の3着以内馬延べ30頭中24頭は、同年のJRA重賞を勝っていた。なかでも、同年のJRA・GⅠ優勝馬は〔4・1・0・6〕と高い勝率(36.4%)をマークしている。また、同年のJRA・GⅡ優勝馬(同年のJRA・GⅠ優勝馬は除く)も〔2・4・1・8〕と約半数が馬券に絡んでいる。年明け以降のGⅠ・GⅡを勝っていた馬は高く評価すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕同年のJRA重賞を優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-9-6-51 12.0% 24.0% 32.0%
なし 1-1-4-80 1.2% 2.3% 7.0%

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が中心

中山開催の過去9回では、3着以内馬延べ27頭中13頭がミスタープロスペクター系種牡馬の産駒だった。同系種牡馬の産駒には、共に連覇を果たしたロードカナロア(父キングカメハメハ)とレッドファルクス(父スウェプトオーヴァーボード)が含まれている。また、単勝3番人気以内に支持された同系種牡馬の産駒は〔6・3・1・4〕(3着内率71.4%)と高確率で3着以内に入っているので、馬券の軸として信頼できそうだ。一方、スプリンターズSを連覇したサクラバクシンオーの子と孫が含まれるナスルーラ系種牡馬の産駒は、3番人気以内だった馬がいずれも4着以下に敗れるなど、3着内率5.3%と苦戦している。〔表4〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕種牡馬の系統別成績(2012年、2013年および2015年から2021年)
種牡馬の系統 成績 勝率 連対率 3着内率
ミスタープロスペクター系 6-4-3-34 12.8% 21.3% 27.7%
サンデーサイレンス系 2-3-3-30 5.3% 13.2% 21.1%
ノーザンダンサー系 0-1-2-26 0% 3.4% 10.3%
ナスルーラ系 0-1-0-18 0% 5.3% 5.3%
その他 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%

なお、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は、芝1200メートルのJRA・GⅠで2着以内に入ったことがある馬に限ると勝率33.3%、連対率は66.7%を記録。既にスプリントGⅠで連対経験のあるサンデーサイレンス系種牡馬の産駒は要注目の存在といえそうだ。〔表5〕

〔表5〕サンデーサイレンス系種牡馬の産駒の、芝1200メートルのJRA・GⅠで2着以内に入った経験の有無別成績(2012年、2013年および2015年から2021年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 2-2-0-2 33.3% 66.7% 66.7%
なし 0-1-3-28 0% 3.1% 12.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の単勝人気も要チェック

過去10年の優勝馬のうち、新潟開催だった2014年のスノードラゴンを除く延べ9頭は〔表1〕の項で述べた通り単勝3番人気以内だったが、前走でも同3番人気以内に支持されていた。さらに、この9頭は〔表3〕で触れた「同年のJRA重賞を勝っていた馬」でもあった。これらの条件が1着候補を予想する際の指標となりそうだ。〔表6〕

(高那実 マヤ)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の単勝人気と、前走の単勝人気、および同年の重賞勝ち鞍(過去10年)
年度 優勝馬 単勝人気 前走の単勝人気 同年の重賞勝ち鞍
2012年 ロードカナロア 2番人気 1番人気 シルクロードS
2013年 ロードカナロア 1番人気 1番人気 高松宮記念など3勝
2014年 スノードラゴン 13番人気 4番人気 なし
2015年 ストレイトガール 1番人気 3番人気 ヴィクトリアマイル
2016年 レッドファルクス 3番人気 3番人気 CBC賞
2017年 レッドファルクス 1番人気 3番人気 京王杯スプリングC
2018年 ファインニードル 1番人気 1番人気 高松宮記念など3勝
2019年 タワーオブロンドン 2番人気 1番人気 京王杯スプリングCなど2勝
2020年 グランアレグリア 1番人気 3番人気 安田記念
2021年 ピクシーナイト 3番人気 2番人気 シンザン記念

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: