今週の注目レース

産経賞オールカマー(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析

高額配当があまり出ていない古馬中距離路線の名物重賞

2021年のオールカマーは単勝オッズ4.7倍(2番人気)のウインマリリンが1着、同12.1倍(5番人気)のウインキートスが2着、同6.2倍(3番人気)のグローリーヴェイズが3着となり、3連単の配当は2万1980円にとどまった。3連単が発売されるようになった2004年以降の過去18回中、配当が10万円を超えたのは2004年と2014年の2回だけ、3万円を超えたのも計5回だけである。堅く収まりがちな一戦を展望すべく、今回は新潟・芝2200メートルで行われた2014年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

休養明けで臨む馬の方が好成績

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前走との間隔が中10週以上だった。一方、中9週以内だった馬は3着内率8.2%と苦戦している。今年7月中旬以降のレースに出走していた馬は、評価を下げた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中9週以内 0-2-3-56 0% 3.3% 8.2%
中10週以上 10-8-7-55 12.5% 22.5% 31.3%

キャリアの少ない馬ほど信頼できる

過去10年の出走馬の通算出走数別成績を見ると、27戦以上の馬は全て4着以下に敗れている。一方、17戦以内の馬は3着内率41.3%と比較的優秀な成績を収めている。〔表2〕

〔表2〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
17戦以内 8-6-5-27 17.4% 30.4% 41.3%
18〜26戦 2-4-5-35 4.3% 13.0% 23.9%
27戦以上 0-0-0-49 0% 0% 0%

なお、2017年以降の過去5年に限ると24戦以上の馬が全て4着以下に敗れている一方で、15戦以内の馬は3着内率が52.4%に達している。近年の傾向からも、キャリアが比較的浅い馬を高く評価すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕通算出走数別成績(過去5年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
15戦以内 4-3-4-10 19.0% 33.3% 52.4%
16〜23戦 1-2-1-15 5.3% 15.8% 21.1%
24戦以上 0-0-0-24 0% 0% 0%

GⅠで7着以内のあった馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、JRAのGⅠにおいて7着以内となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率8.4%と苦戦している。なお、2017年以降の過去5年に限ると、この経験がなかった馬は〔0・1・0・37〕(3着内率2.6%)である。GⅠで8着以下しかない馬は過信禁物とみておきたい。〔表4〕

〔表4〕JRAのGⅠにおいて7着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-7-7-35 15.5% 27.6% 39.7%
なし 1-3-3-76 1.2% 4.8% 8.4%

前年以降の実績も重要

過去5年の3着以内馬15頭は、いずれも“前年以降、かつ出走頭数が15頭以上だったJRAのGⅠ・GⅡ”において5着以内となった経験がある馬だった。2021年以降に15頭以上で行われたGⅠやGⅡで上位に入っていない馬は、割り引きが必要だ。〔表5〕

〔表5〕“前年以降、かつ出走頭数が15頭以上だったJRAのGⅠ・GⅡ”において5着以内となった経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 5-5-5-18 15.2% 30.3% 45.5%
なし 0-0-0-31 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

強調材料が多い馬を選びたい

過去7年の優勝馬7頭は、いずれも前走との間隔が中12週以上、かつ通算出走数が22戦以内だった。また、この7頭はJRAのGⅠにおいて7着以内となった経験があった点、“前年以降、かつ出走頭数が15頭以上だったJRAのGⅠ・GⅡ”において5着以内となった経験があった点も共通している。〔表1〕から〔表5〕で挙げた条件を多くクリアしている馬が有力とみてよいだろう。〔表6〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の、前走との間隔、通算出走数、JRAのGⅠにおける最高着順、“前年以降、かつ出走頭数が15頭以上だったJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順(過去7年)
年次 優勝馬 前走との間隔 通算出走数 JRAのGⅠにおける最高着順 “前年以降、かつ出走頭数が15頭以上だったJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順
2015年 ショウナンパンドラ 中12週 13戦 1着(2014年秋華賞) 1着(2014年秋華賞)
2016年 ゴールドアクター 中20週 15戦 1着(2015年有馬記念) 1着(2015年有馬記念ほか)
2017年 ルージュバック 中18週 15戦 2着(2015年オークス) 5着(2016年ヴィクトリアM)
2018年 レイデオロ 中24週 9戦 1着(2017年日本ダービー) 1着(2017年日本ダービー)
2019年 スティッフェリオ 中12週 22戦 7着(2019年宝塚記念ほか) 5着(2018年札幌記念)
2020年 センテリュオ 中14週 15戦 4着(2019年エリザベス女王杯) 4着(2019年エリザベス女王杯)
2021年 ウインマリリン 中20週 10戦 2着(2020年オークス) 1着(2021年日経賞ほか)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: