今週の注目レース

エルムステークス(GⅢ)

札幌競馬場 1700メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析

ダート路線の猛者がしのぎを削る道都決戦

エルムSはJRAの北海道開催では唯一のダート重賞で、JRAでは数少ないダート1700メートルという距離で行われる重賞ということもあり、各出走馬のコース適性や、距離適性を絡めた予想をする必要がありそうだ。2013年と2021年には函館競馬場で開催されたが、それらを含めた過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探ってみた。

連対馬の多くが5番人気以内

過去10年の連対馬延べ20頭中17頭は単勝5番人気以内となっており、1番人気から5番人気まで満遍なく出ている印象だ。ただし、3着馬は10頭中5頭が6番人気以下となっている。この辺りは予想する際の参考になりそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-1-3-4 20.0% 30.0% 60.0%
2番人気 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0%
3番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-3-1-6 0% 30.0% 40.0%
6〜9番人気 1-1-3-35 2.5% 5.0% 12.5%
10番人気以下 0-1-2-39 0% 2.4% 7.1%

近走のダート重賞実績に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中21頭は、過去3走でJRAのダート重賞に出走歴があった。その中でも、該当したレースで5着以内に入っていた馬は、6着以下しかなかった馬や、過去3走でJRAのダート重賞に出走していなかった馬を上回る成績を残している。近走のJRA・ダート重賞での成績には注目しておきたい。〔表2〕

〔表2〕過去3走におけるJRAのダート重賞での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 5-6-6-26 11.6% 25.6% 39.5%
6着以下 2-2-0-32 5.6% 11.1% 11.1%
出走なし 3-2-4-44 5.7% 9.4% 17.0%

内寄りの馬番と奇数馬番は苦戦傾向

函館で行われた2013年と2021年を除き、札幌開催過去8回分の馬番別成績について、馬番を3つごとに分けて成績をまとめると、1番から3番が唯一3着内率で20%を下回っており、勝率と連対率からもやや苦戦傾向にあることが見てとれる。また、馬番を奇数偶数別に分けて成績を出してみると、偶数馬番が〔6・5・5・35〕(3着内率31.4%)である一方、奇数馬番は〔2・3・3・46〕(同14.8%)と、偶数馬番が上位となっている。これらから内寄りの奇数馬番である1番と3番の成績を合計してみると、〔0・0・2・14〕と、全て3着以下に敗れていることがわかった。内寄りの馬番と奇数馬番が苦戦傾向にあることは、覚えておいて損はないだろう。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(札幌で行われた過去8回)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜3番 1-1-2-20 4.2% 8.3% 16.7%
4〜6番 4-2-1-17 16.7% 25.0% 29.2%
7〜9番 2-1-2-19 8.3% 12.5% 20.8%
10〜12番 0-3-3-17 0% 13.0% 26.1%
13、14番 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の単勝人気と着順に注目

2018年以降の優勝馬について、前走の単勝人気と着順を調べると、いずれも単勝3番人気以内に支持されて2着以内に入っていた。前走で上位人気に支持されて、しっかりと連対を果たしていた馬を、勝ち馬の候補として狙ってみたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の前走の単勝人気と着順(過去4年)
年度 優勝馬 前走の単勝人気 前走の着順
2018年 ハイランドピーク 2番人気 2着
2019年 モズアトラクション 2番人気 2着
2020年 タイムフライヤー 2番人気 1着
2021年 スワーヴアラミス 3番人気 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: