今週の注目レース

アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

新潟競馬場 1000メートル(芝・直線)別定 3歳以上オープン

データ分析

唯一無二の重賞にコース巧者が集結

日本で唯一の直線コースの重賞がアイビスサマーダッシュ。格付けはGⅢだが直線コースを得意にする馬にとっては年に一度の特別な存在の重賞である。今年の直線王者に輝くのはどの馬なのか。過去10年の結果から傾向を探ってみた。

外枠優勢が顕著

ご存じのとおり、新潟の直線芝1000メートルは外枠優勢。過去10年のアイビスサマーダッシュでも8枠が4勝、7枠が2勝、6枠と5枠が1勝ずつと、外枠の優勝が多い。内寄りの枠(1枠から4枠)で馬券に絡んだ馬も7頭いるが、このうち6頭が4番人気以内に支持された上位人気馬だった。内枠に入った人気薄の馬は狙いづらい。〔表1〕

〔表1〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-0-1-16 0% 0% 5.9%
2枠 1-2-1-13 5.9% 17.6% 23.5%
3枠 0-0-0-18 0% 0% 0%
4枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
5枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
6枠 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
7枠 2-2-4-16 8.3% 16.7% 33.3%
8枠 4-2-1-17 16.7% 25.0% 29.2%

また、過去10年の枠連の結果を見ると、毎年6枠から8枠の馬が連に絡んでいる。さらにさかのぼって調べてみると、2002年から昨年まで20年連続で6枠から8枠の馬が連対中であることがわかった。軸馬は6枠から8枠の馬の中から選びたい。〔表2〕

〔表2〕枠連結果(過去10年)
年度 枠連
2012年 8-8
2013年 2-7
2014年 2-7
2015年 6-8
2016年 4-8
2017年 5-8
2018年 4-8
2019年 2-6
2020年 5-7
2021年 6-7

好走例が多いのは3歳から5歳の馬

年齢別成績では、3歳から5歳の馬の好走率に大きな差はないが、6歳以上になると好走率はガクンと下がる。なかでも6歳以上で負担重量が55キログラム以下だった馬の成績は〔0・0・1・25〕と不振である。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 1-2-1-9 7.7% 23.1% 30.8%
4歳 3-1-1-16 14.3% 19.0% 23.8%
5歳 4-6-5-28 9.3% 23.3% 34.9%
6歳 0-1-2-35 0% 2.6% 7.9%
7歳以上 2-0-1-42 4.4% 4.4% 6.7%

近年は牝馬が活躍

過去10年の成績では、牡・せん馬と牝馬が5勝2着5回で互角の成績となっているが、3着内率は牝馬の方が高い。特に最近は牝馬が馬券に絡むことが多く、2021年は牝馬が1着・3着、2020年は1着・3着、2019年は2着・3着、2018年は1着・2着、2017年は2着・3着、2016年は1着・3着と、6年連続で3着以内に牝馬が2頭入っている。〔表4〕

〔表4〕性別成績(過去10年)
性別 成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 5-5-3-70 6.0% 12.0% 15.7%
5-5-7-60 6.5% 13.0% 22.1%

前走で好走した勢いがモノをいう

前走で4着以内だった馬と、5着以下だった馬では、好走率が大きく違う。特に5着以下に敗れた後、中9週以上の間隔を空けて当レースに出走してきた馬は〔1・0・1・29〕と成績が振るわない。予想は前走4着以内の馬を重視し、レース間隔の空いた前走5着以下の馬は軽視したい。〔表5〕

〔表5〕前走着順別成績(過去10年)
前走着順 成績 勝率 連対率 3着内率
4着以内 8-7-6-38 13.6% 25.4% 35.6%
5着以下 2-3-4-92 2.0% 5.0% 8.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

勝ち馬のローテーションと血統に特徴が

過去10年の優勝馬延べ10頭中9頭は、CBC賞、韋駄天S、函館スプリントS、葵Sという4つのレースから臨んでいた。さらに、これら9頭のうち8頭は当該レースで4着以内に入っていた。また、血統的なトレンドでは、父がミスタープロスペクター系、母父がサンデーサイレンス系の組み合わせに注目したい。直近3年(2019年から2021年)の優勝馬はいずれもこの配合だった。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前走と着順(過去10年)
年度 優勝 前走 着順
2012年 パドトロワ 函館スプリントS 4着
2013年 ハクサンムーン CBC賞 2着
2014年 セイコーライコウ 函館スプリントS 4着
2015年 ベルカント コーラルS 13着
2016年 ベルカント CBC賞 3着
2017年 ラインミーティア 韋駄天S 4着
2018年 ダイメイプリンセス CBC賞 9着
2019年 ライオンボス 韋駄天S 1着
2020年 ジョーカナチャン 韋駄天S 2着
2021年 オールアットワンス 葵S 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: