今週の注目レース

宝塚記念(GⅠ)

阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

夏の中距離チャンピオン決定戦

宝塚記念はファン投票を中心に出走馬が決まり、中長距離路線を歩む古馬だけでなく、時にはマイル路線を歩んできた馬や3歳馬の挑戦もあり、年によってさまざまなメンバーが集まるドリームレースである。過去10年の結果を参考にしてレース傾向を探り、上半期のGⅠ予想を美しく締めくくりたい。

4歳馬vs5歳馬の構図

過去10年の優勝馬延べ10頭は全て4歳馬か5歳馬だった。中でも5歳馬の成績が優秀で、2015年、2019年、2021年に5歳馬がワンツーフィニッシュを決めている。6歳以上の馬の好走は少なく、1着2着を独占したことはないので、軸馬は4歳馬か5歳馬から選ぶのが無難であろう。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
4歳 3-1-6-29 7.7% 10.3% 25.6%
5歳 7-5-4-36 13.5% 23.1% 30.8%
6歳 0-3-0-24 0% 11.1% 11.1%
7歳以上 0-1-0-22 0% 4.3% 4.3%

牝馬の活躍が目立つ

過去10年の性別成績では、牝馬の3着内率は41.7%あり、牡馬・せん馬よりも大幅に高い。特に直近は、2019年のリスグラシュー、2020年と2021年のクロノジェネシスと、牝馬が3連勝している。過去10年で牝馬が馬券に絡まなかったのは2012年と2018年だけなので、今年も牝馬の出走があれば注目したい。〔表2〕

〔表2〕性別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 6-9-5-98 5.1% 12.7% 16.9%
4-1-5-14 16.7% 20.8% 41.7%

前走2着馬が活躍

宝塚記念では前走で2着に惜敗していた馬が活躍することが多い。前走でGⅠ2着だった人気馬が好走するだけでなく、2016年に8番人気で優勝したマリアライト(目黒記念2着)や、2018年に12番人気で3着に入ったノーブルマーズ(目黒記念2着)のように、GⅠ以外のレースで2着だった馬が穴をあけることもあるので要注意だ。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-2-3-22 3.6% 10.7% 21.4%
2着 3-2-3-10 16.7% 27.8% 44.4%
3〜5着 3-2-1-33 7.7% 12.8% 15.4%
6〜9着 2-3-3-32 5.0% 12.5% 20.0%
10着以下 1-1-0-15 5.9% 11.8% 11.8%

天皇賞(春)で4着以下だった馬が狙い目

過去10年の前走別成績で最も優勝が多いレースは天皇賞(春)。ただし、天皇賞(春)で3着以内だった馬は〔0・0・1・14〕と低迷しており、4着以下に敗れていた馬の巻き返しが狙い目だ。逆に前走がGⅠ昇格後の大阪杯だった馬は、2着以内に入っていた馬の成績が〔1・1・1・3〕と優秀。また、海外G1組はドバイシーマクラシックからの転戦馬が〔1・1・2・6〕、香港のクイーンエリザベスⅡ世Cからの転戦馬が〔1・1・0・4〕と好成績になっている。〔表4〕

〔表4〕主な前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
天皇賞(春) 4-3-2-30 10.3% 17.9% 23.1%
大阪杯 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
鳴尾記念 1-3-1-15 5.0% 20.0% 25.0%
目黒記念 1-0-1-13 6.7% 6.7% 13.3%
ヴィクトリアM 0-0-3-5 0% 0% 37.5%
海外のレース 2-3-2-14 9.5% 23.8% 33.3%
  • 注記:大阪杯はGⅠ昇格後のみを集計
  • 注記:3着以内馬が出ているレースのみ掲載

8枠が強い

宝塚記念では8枠が極端に強く、過去10年間で7勝を挙げている。阪神・芝2200メートル自体には外枠優勢の傾向はみられないので、偶然偏っているだけの可能性もあるが、かなり際立った成績なので、8枠に入った馬には注意を払っておくべきだろう。〔表5〕

〔表5〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-2-3-10 0% 13.3% 33.3%
2枠 1-1-2-11 6.7% 13.3% 26.7%
3枠 0-1-1-13 0% 6.7% 13.3%
4枠 0-2-0-14 0% 12.5% 12.5%
5枠 1-2-0-15 5.6% 16.7% 16.7%
6枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
7枠 0-2-1-18 0% 9.5% 14.3%
8枠 7-0-2-13 31.8% 31.8% 40.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前年に2000メートルから2400メートルのGⅠを勝っていた馬が有力

過去10年の優勝馬延べ10頭のうち8頭には、前年に2000メートルから2400メートルのGⅠを制した実績があった。〔表1〕の項で述べたように、過去10年の優勝馬は全て4歳か5歳だったので、前年に中距離GⅠを勝っている4・5歳馬を狙うのがよさそうだ。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前年の2000メートルから2400メートルのGⅠにおける優勝実績(過去10年)
年度 優勝馬 前年の2000mから2400mのGⅠの優勝実績
2012年 オルフェーヴル 皐月賞、日本ダービー
2013年 ゴールドシップ 皐月賞
2014年 ゴールドシップ 宝塚記念
2015年 ラブリーデイ なし
2016年 マリアライト エリザベス女王杯
2017年 サトノクラウン 香港ヴァーズ
2018年 ミッキーロケット なし
2019年 リスグラシュー エリザベス女王杯
2020年 クロノジェネシス 秋華賞
2021年 クロノジェネシス 宝塚記念

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: