今週の注目レース

ユニコーンステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

データ分析

意外と波乱が少ない3歳ダート重賞

2021年のユニコーンSは単勝オッズ13.4倍(7番人気)のスマッシャーが1着、単勝オッズ79.0倍(14番人気)のサヴァが2着、単勝オッズ5.4倍(3番人気)のケイアイロベージが3着となり、3連単で79万3400円の高額配当が飛び出した。もっとも、3連単が発売された2005年以降の過去17回を振り返ってみると、3連単の配当が4万円以上だったのは5回だけである。1万円未満だった年が5回あったことからも、基本的には堅く収まりがちなレースと言えそうだ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走5着以下の馬は不振

過去10年の3着以内馬31頭中28頭は、前走の着順が4着以内だった。一方、5着以下だった馬は3着内率6.7%と苦戦している。直近のレースで5着以下に敗れていた馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
4着以内 9-9-10-83 8.1% 16.2% 25.2%
5着以下 1-1-1-42 2.2% 4.4% 6.7%
  • 注記:2013年は3着同着

年明け以降の戦績に注目

過去10年の3着以内馬31頭中22頭は、同年のJRAの2勝クラス以上のレースにおいて、“5着以内、かつ4コーナー通過順が10番手以内”となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率9.7%と苦戦している上、2014年以降の過去8年に限ると〔0・0・4・68〕(3着内率5.6%)と連対がない。前年のレースや1勝クラス以下のレースでしか上位に入っていない馬、後方待機の競馬でしか好走できていない馬は、割り引きが必要だ。〔表2〕

〔表2〕同年のJRAの2勝クラス以上のレースにおいて“5着以内、かつ4コーナー通過順が10番手以内”となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-5-41 14.3% 27.0% 34.9%
なし 1-2-6-84 1.1% 3.2% 9.7%
  • 注記:2013年は3着同着

前走も1600メートル以上のレースだった馬が中心

過去10年の3着以内馬31頭中26頭は、前走の距離が1400メートル超だった。一方、1400メートル以下だった馬は3着内率10.9%と苦戦している。前走が今回より短い距離のレースだった馬は疑ってかかりたい。〔表3〕

〔表3〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 着度数 勝率 連対率 3着内率
1400m以下 1-2-2-41 2.2% 6.5% 10.9%
1400m超 9-8-9-84 8.2% 15.5% 23.6%
  • 注記:2013年は3着同着

なお、前走の距離が1400メートル以下だったにもかかわらず3着以内に入った5頭のうち4頭は、前走がオープンクラス、かつ4着以内だった。前走が今回より短い距離のレースであっても、そのレースが重賞やオープン特別、かつそこで4着以内に入っていた馬は、相応に高く評価すべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前走が1400メートル以下だった馬の、前走のクラスならびに着順別成績(過去10年)
前走のクラスならびに着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
オープンクラス、かつ4着以内 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
オープンクラス以外、もしくは5着以下 0-0-1-31 0% 0% 3.1%

近年は前走の4コーナー通過順も重要

過去4年の3着以内馬12頭中10頭は、前走が国内、かつ4コーナー通過順が4番手から10番手だった。一方、11番手以下だった馬は3着以内に入った例がなく、3番手以内だった馬も3着内率9.5%と苦戦している。極端な位置取りの競馬をした直後の馬は、上位に入る可能性が低いとみておきたいところだ。〔表5〕

〔表5〕前走が国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(過去4年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3番手以内 1-0-1-19 4.8% 4.8% 9.5%
4〜10番手 3-4-3-15 12.0% 28.0% 40.0%
11番手以下 0-0-0-13 0% 0% 0%

なお、前走が国内、かつ4コーナー通過順が3番手以内だったにもかかわらず3着以内に入った2頭は、いずれも“1勝クラス以上、かつ芝のレースにおいて2着以内”に入った経験のある馬だった。1勝クラス以上の芝のレースで連対経験がある馬でない限り、前走の4コーナー通過順が3番手以内だった馬は思い切って評価を下げたい。〔表6〕

〔表6〕前走が国内、かつ4コーナー通過順が3番手以内だった馬の、“1勝クラス以上、かつ芝のレースにおいて2着以内”となった経験の有無別成績(過去4年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 1-0-1-0 50.0% 50.0% 100%
なし 0-0-0-19 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走との間隔や馬体重に注意

過去4年の優勝馬4頭は、いずれも前走との間隔が中5週以上だった。前走から中4週以内の馬は扱いに注意すべきだろう。また、この4頭は前走の馬体重が510キログラム未満だった点も共通している。ちなみに、前走が国内、かつ馬体重が510キログラム以上だった馬は2018年以降〔0・1・0・13〕(3着内率7.1%)である。大型馬も割り引きが必要だ。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕優勝馬の、前走との間隔、前走の馬体重(過去4年)
年次 優勝馬 前走との間隔 前走の馬体重
2018年 ルヴァンスレーヴ 中10週 496kg
2019年 ワイドファラオ 中5週 500kg
2020年 カフェファラオ 中16週 504kg
2021年 スマッシャー 中6週 470kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: