今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

上半期のマイル王を目指す馬が東京に集結

安田記念にはマイル路線を歩んできた馬だけでなく、高松宮記念の上位馬や海外G1で好成績を収めた馬など、さまざまな路線の活躍馬が集まる。近年、このハイレベルな一戦を制した馬では、2013年のロードカナロア、2015年のモーリス、2019年のインディチャンプ、2020年のグランアレグリアが下半期にもGⅠタイトルを手中にしている。今回は過去10年の結果を参考に、レースの傾向を分析していく。

牝馬が好成績

まず注目したいのが牝馬の成績で、過去10年では冒頭で触れたグランアレグリア(2020年1着、2021年2着)のほか、アエロリット(2018年、2019年共に2着)とアーモンドアイ(2019年3着、2020年2着)がそれぞれ2回ずつ3着以内に入り、3着内率は35.3%と牡・せん馬に大きな差をつけている。これら3頭は共にGⅠの優勝経験があり、GⅠを勝っていた牝馬は、過去4年に限れば〔1・4・1・2〕(3着内率75.0%)と好走率が非常に高いだけに、出走してきたらマークしておくべきだろう。〔表1〕

〔表1〕性別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 9-6-9-119 6.3% 10.5% 16.8%
1-4-1-11 5.9% 29.4% 35.3%

東京競馬場での実績をチェック

過去10年の3着以内馬延べ30頭中21頭は東京競馬場の重賞で優勝した経験を持っていた。近年は特にこの傾向が強く、過去5年の3着以内馬のうち2018年優勝のモズアスコットを除く延べ14頭に東京競馬場の重賞を制した実績があった。そのモズアスコットにも2勝クラスのレースとはいえ東京競馬場での優勝経験があっただけに、東京競馬場で全く好走経験がない馬は割り引きが必要だろう。〔表2〕

〔表2〕東京競馬場の重賞で優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 6-9-6-68 6.7% 16.9% 23.6%
なし 4-1-4-62 5.6% 7.0% 12.7%

前哨戦の優勝馬は過信禁物

過去10年の前走別成績を見ていくと、3着内率はJRA・GⅠ組が最も高い数値をマークしており、なかでもJRA・GⅠを勝って臨んだ馬が〔1・2・2・2〕(3着内率71.4%)と好成績を収めているほか、前走で海外のG1を勝っていた馬も〔1・1・1・3〕(3着内率50.0%)と好成績。ビッグレースを制して勢いに乗る馬は信頼できるとみていいだろう。一方、主要な前哨戦である読売マイラーズCを勝って臨んだ馬は〔0・0・1・8〕と振るわず、京王杯スプリングCの優勝馬も〔0・0・1・7〕と苦戦していることは覚えておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRA・GⅠ 3-5-2-30 7.5% 20.0% 25.0%
JRA・GⅡ 3-4-7-66 3.8% 8.8% 17.5%
JRA・GⅢ 2-0-0-13 13.3% 13.3% 13.3%
オープン特別 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
地方のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%
海外のレース 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%

末脚に秀でた馬が中心

前走の上がり3ハロンタイム(推定)も重要で、過去10年の優勝馬のうち前走で国内のレースに出走していた9頭中7頭は、前走の上がり3ハロンタイム(推定)が2位以内だった。東京競馬場は最後の直線が長く末脚勝負になりやすいため、安田記念でも道中は中団から後方に控えた馬が差し切るケースが目立つ。前走でメンバー中上位の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしていたような馬を重視したい。〔表4〕

〔表4〕前走の上がり3ハロンタイム(推定)の順位別成績(過去10年)
順位 成績 勝率 連対率 3着内率
2位以内 7-5-3-35 14.0% 24.0% 30.0%
3位以下 2-4-6-79 2.2% 6.6% 13.2%
  • 注記:前走が地方または海外のレースだった馬は除く
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去の単勝人気に注目!?

過去5年の優勝馬の戦績を振り返ると、5頭中3頭はそれまでに出走した国内の全レースで単勝3番人気以内に支持されていた。残る2017年のサトノアラジンと2021年のダノンキングリーは4番人気以下だったのがGⅠでの1回だけ。この2頭は、当レースでの単勝人気がサトノアラジンは7番人気、ダノンキングリーは8番人気となっていたが、その低評価を覆してマイル王の座に就いた。2018年の優勝馬モズアスコットも9番人気だっただけに、過去のレースで上位人気に支持され続けてきた馬は、当レースでの単勝人気が低くても注目しておいて損はないだろう。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の、これまでに出走した国内のレースにおける単勝人気(過去5年)
年度 優勝馬 国内のレースの通算出走回数 単勝3番人気以内だったレース数 単勝4番人気以下だったレース
2017年 サトノアラジン 22戦 21戦 2014年菊花賞(9番人気)
2018年 モズアスコット 10戦 10戦 なし
2019年 インディチャンプ 9戦 9戦 なし
2020年 グランアレグリア 7戦 7戦 なし
2021年 ダノンキングリー 11戦 10戦 2020年安田記念(5番人気)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: