今週の注目レース

鳴尾記念(GⅢ)

中京競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

波乱が起きた年も少なくない宝塚記念の前哨戦

2021年の鳴尾記念は単勝オッズ20.6倍(8番人気)のユニコーンライオンが1着、同24.1倍(9番人気)のショウナンバルディが2着、同8.1倍(5番人気)のブラストワンピースが3着となり、3連単で63万5640円の高額配当が飛び出した。また、2020年には同33.5倍(10番人気)のパフォーマプロミスが優勝を果たしている。2017年から2019年の3年間は3連単の配当がそれぞれ1万4460円、5690円、1万1410円にとどまっていたものの、ここ2年の結果からは伏兵の台頭を警戒しておくべき一戦と言えそうだ。今回は阪神・芝2000メートルで行われた2020年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

実績と脚質に注目

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、JRAの重賞において“5着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率8.3%と苦戦しており、2018年以降の過去4年に限ると〔0・0・0・12〕と、3着以内に入っていない。まだ重賞で上位に入ったことのない馬や、先行タイプの馬は、扱いに注意すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕JRAの重賞において“5着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以下”となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-10-9-70 9.2% 19.4% 28.6%
なし 1-0-1-22 4.2% 4.2% 8.3%

キャリアの浅い馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、通算出走数が21戦以内だった。一方、22戦以上だった馬は3着内率10.6%とやや苦戦している。〔表2〕

〔表2〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
21戦以内 9-7-7-33 16.1% 28.6% 41.1%
22戦以上 1-3-3-59 1.5% 6.1% 10.6%

さらに、過去4年に限ると3着以内馬12頭中11頭は、通算出走数が19戦以内だった。一方、20戦以上だった馬は3着内率が5.3%と、より低い数値にとどまっている。キャリアが多すぎる馬は過信禁物だ。〔表3〕

〔表3〕通算出走数別成績(過去4年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
19戦以内 4-3-4-19 13.3% 23.3% 36.7%
20戦以上 0-1-0-18 0% 5.3% 5.3%

直近のパフォーマンスがポイント

過去5年の3着以内馬15頭中9頭は、前走の着順が1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が0.4秒以内だった。該当馬は3着内率も42.9%と優秀な水準に達している。まずは前走好走馬を高く評価したい。〔表4〕

〔表4〕前走の着順ならびに前走の1着馬とのタイム差別成績(過去5年)
前走の着順ならびに前走の1着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
着順が1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が0.4秒以内 3-4-2-12 14.3% 33.3% 42.9%
着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.5秒以上 2-1-2-32 5.4% 8.1% 13.5%
競走中止 0-0-1-0 0% 0% 100%

なお、前走の着順が2着以下、かつ前走の1着馬とのタイム差が0.5秒以上だった馬と、前走が競走中止だった馬のうち、前走がGⅠ以外だった馬は3着内率3.8%とより苦戦している。前走がGⅠではなく、なおかつそのレースで大敗を喫していた馬は、評価を下げるべきだろう。〔表5〕

(伊吹 雅也)

〔表5〕前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.5秒以上だった馬と、前走が競走中止だった馬の前走別成績(過去5年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-1-3-7 8.3% 16.7% 41.7%
その他のレース 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: