今週の注目レース

ダービーデー馬連 目黒記念(GⅡ)

東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

伝統の古馬ハンデキャップ重賞

ダービーデーの東京競馬場のラストを飾る一戦が、4歳以上の馬によって争われる目黒記念だ。ハンデキャップという条件もあってか、このレースが重賞初制覇だった馬が、過去10年で8頭もいる。ここでは過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探ってみた。

6番人気から9番人気が狙い目!?

過去10年の単勝人気別成績で、目を引くのが3着以内馬延べ30頭のうち15頭が6番人気以下だったという点だろう。特に、6番人気から9番人気の馬は延べ40頭が出走して10頭が3着以内に入っている。これは、同じく延べ40頭が出走している2番人気から5番人気の3着以内馬が9頭という点と比較すると、その活躍ぶりがわかるだろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
2番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 4-2-4-30 10.0% 15.0% 25.0%
10番人気以下 1-2-2-74 1.3% 3.8% 6.3%

4歳馬と5歳馬が優勢

過去10年の年齢別成績では、連対率と3着内率で4歳馬と5歳馬がリードしている。また、2018年以降の過去4年に限ると、7歳以上の馬は〔0・0・1・10〕とかなり苦戦している。芝長距離路線ではベテランが息の長い活躍を見せることも多いが、目黒記念では4歳馬と5歳馬に注目すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 4-2-2-25 12.1% 18.2% 24.2%
5歳 2-7-2-39 4.0% 18.0% 22.0%
6歳 2-1-2-31 5.6% 8.3% 13.9%
7歳 2-0-3-24 6.9% 6.9% 17.2%
8歳以上 0-0-1-20 0% 0% 4.8%

年明け以降に連対した芝レースの距離に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中21頭は、年明け以降に芝のレースで連対した経験がある馬だった。この経験があった馬の成績は〔8・6・7・56〕(3着内率27.3%)で、連対なし、年明け不出走だった馬の3着内率9.8%を大きく上回っている。また、年明け以降に連対した芝のレースの最長距離が2200メートルから2600メートルだった馬の3着内率が高くなっている。これに該当する馬は、しっかりマークすべきだろう。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕年明け以降に連対した芝のレースの最長距離別成績(過去10年)
最長距離 成績 勝率 連対率 3着内率
2000m以下 0-0-0-4 0% 0% 0%
2200m 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
2400m 5-4-4-28 12.2% 22.0% 31.7%
2500m、2600m 2-1-1-8 16.7% 25.0% 33.3%
3000m以上 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
連対なし、
年明け不出走
2-4-3-83 2.2% 6.5% 9.8%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: