今週の注目レース

ヴィクトリアマイル(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 (牝) 4歳以上オープン

データ分析

古馬牝馬による春の女王決定戦

2006年に創設された古馬牝馬によるマイルGⅠ。2014年から1番人気が6連敗し、2015年には3連単2000万馬券が飛び出すなど波乱が続いたが、ここ2年は1番人気が2連勝している。はたして今年も堅く収まるのか、それとも波乱が起こるのか。過去10年のデータを中心に、傾向を探ってみた。

好配当の使者は単勝10倍台

過去10年の単勝オッズ別成績では、10倍台の馬の健闘ぶりが目立つ。2015年ストレイトガール(14.1倍)、2016年ストレイトガール(17.7倍)、2017年アドマイヤリード(13.5倍)、2018年ジュールポレール(19.4倍)と、10倍台の馬が4年連続で勝利したこともあった。単勝10倍台の馬が1頭も馬券に絡まなかったのは過去10年で1度だけなので、単勝10倍台の馬はヒモ候補には入れておきたい。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
9.9倍以下 5-4-2-27 13.2% 23.7% 28.9%
10倍〜19.9倍 4-2-6-19 12.9% 19.4% 38.7%
20倍以上 1-4-2-101 0.9% 4.6% 6.5%

前走で大敗した馬にもチャンスあり

過去10年の当レースでは前走1着馬が不振で、延べ40頭が出走して勝った馬が1頭もいない。2014年スマートレイアー(1番人気、8着)、2015年ヌーヴォレコルト(1番人気、6着)、2017年ミッキークイーン(1番人気、7着)など、上位人気の支持に応えられなかったケースが多数あるので、前走1着馬には注意した方がよさそうだ。逆に言うと、前走で好走できなかった馬にもチャンスがある。2013年から2016年にかけて前走で6着以下に敗れていた馬が4年連続で優勝したこともあった。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 0-3-0-37 0% 7.5% 7.5%
2着〜5着 4-4-9-38 7.3% 14.5% 30.9%
6着以下 6-3-1-72 7.3% 11.0% 12.2%

好走率が高いのは中山牝馬S組

過去10年間で馬券に絡んだ馬は全て、前走が表にある8レースのいずれかだった。主流のステップレースのうち、3着以内馬が多いのは阪神牝馬S、好走率が高いのは中山牝馬Sとなっているが、福島牝馬S組からは勝ち馬が出ていない。また、頭数は少ないが、大阪杯から転戦してきた馬は高い確率で馬券に絡んでいる。大阪杯からの転戦馬が出走するようであれば狙ってみたい。〔表3〕

〔表3〕主な前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
阪神牝馬S 4-4-5-60 5.5% 11.0% 17.8%
中山牝馬S 2-2-0-8 16.7% 33.3% 33.3%
大阪杯 2-1-1-1 40.0% 60.0% 80.0%
高松宮記念 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
有馬記念 1-0-0-0 100% 100% 100%
福島牝馬S 0-1-2-22 0% 4.0% 12.0%
ダービー卿CT 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
京都牝馬S 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
  • 注記:3着以内馬が出ているレースのみ掲載
  • 注記:大阪杯にはGⅡだった2016年以前を含む

負担重量が減った馬に妙味あり

負担重量の増減に注目すると、過去10年で前走から負担重量が減っていた馬が3着内率42.9%と高い数値を残している。2016年は1着ストレイトガール、2着ミッキークイーン、3着ショウナンパンドラ(いずれも56キログラム→55キログラム)と、負担重量が減った馬が3着以内を独占した。前走から斤量が軽くなった馬がいれば押さえてみたい。〔表4〕

〔表4〕前走からの負担重量の増減別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
前走から減少 3-3-3-12 14.3% 28.6% 42.9%
前走と同斤量 4-3-2-48 7.0% 12.3% 15.8%
前走から増加 3-4-5-87 3.0% 7.1% 12.1%

近年はキャリアの浅い馬が好成績

過去5年の優勝馬は全てキャリア15戦以内だった。昨年は3着以内を独占しており、キャリアが浅い馬の活躍が目立つレースになっている。〔表5〕

〔表5〕通算出走数別成績(過去5年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
15戦以内 5-4-3-41 9.4% 17.0% 22.6%
16戦以上 0-1-2-31 0% 2.9% 8.8%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前年にマイルGⅠで活躍し、前走で上位人気だった馬が有力

過去10年の優勝馬延べ10頭のうち9頭は、前年に1600メートルのGⅠで5着以内に入った経験があった。特に、前年のヴィクトリアマイル、桜花賞、安田記念で5着以内だった馬には要注目だ。また、過去10年の優勝馬は全て前走で5番人気以内に支持されていた。前走での単勝人気も参考にしたい。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前年の1600メートルのGⅠでの主な実績と前走の単勝人気(過去10年)
年次 優勝馬 前年の1600mのGⅠでの主な実績 前走の単勝人気
2012年 ホエールキャプチャ 桜花賞2着 2番人気
2013年 ヴィルシーナ 桜花賞2着 4番人気
2014年 ヴィルシーナ ヴィクトリアマイル1着 5番人気
2015年 ストレイトガール ヴィクトリアマイル3着 1番人気
2016年 ストレイトガール ヴィクトリアマイル1着 3番人気
2017年 アドマイヤリード 桜花賞5着 3番人気
2018年 ジュールポレール ヴィクトリアマイル3着 5番人気
2019年 ノームコア 出走なし 1番人気
2020年 アーモンドアイ 安田記念3着 1番人気
2021年 グランアレグリア 安田記念1着ほか 2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: