今週の注目レース

京王杯スプリングカップ(GⅡ)

東京競馬場 1400メートル(芝)別定 4歳以上オープン

2021年 ラウダシオン

2021年 ラウダシオン

2020年 ダノンスマッシュ

2020年 ダノンスマッシュ

2019年 タワーオブロンドン

2019年 タワーオブロンドン

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

1956年に4歳以上のハンデキャップの重賞競走「スプリングハンデキャップ」として創設されたのち、1960年に「京王杯スプリングハンデキャップ」に名称が変更された。創設当初は2月から3月に東京競馬場・芝1600メートルで行われていたが、1972年に春季後半の東京開催に移設された。また、幾度かの距離変更を経て、1981年から芝1400メートルで行われている。

1984年のグレード制導入時に本競走はGⅡに格付けされ、GⅠ・安田記念の前哨戦に位置付けられた。また、同年より負担重量がハンデキャップから別定に変更となったことに伴い、レース名も現在の「京王杯スプリングカップ」に改称された。

なお、2014年から本競走の優勝馬に安田記念の優先出走権が与えられている。

コースの特徴

コース図

東京・芝1400メートル

バックストレッチ半ばからのスタートで、直後に起伏を上って下る。3コーナーまでは約340メートル。直線入り口まではほぼ平坦。ゴールまで525.9メートルの直線に入ると、高低差2メートル、全長160メートルのタフな上り坂が始まる。上り切った後の残り300メートルはほぼ平坦となっている。直線が長く坂も控えているだけに、スピード型の先行馬が前半に稼いだリードで流れ込む展開に持ち込みにくい。1400メートルとしては落ち着いたペースになりやすいが、必ずしも先行馬有利ではなく、直線勝負に備えて末脚を温存するための折り合いも求められる。特に良馬場なら上がりの脚の速さは必須だ。

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: